吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

つれづれトーク の記事一覧

今どきの若者は・・・スゴイです!

2015.10.12 (Mon)
よく「今どきの若者は・・・」と嘆く人がいます。「昔は良かった」とノスタルジアに浸り、返す刀で現状を批判するのですが、私はそうは思いません。今の若者は本当にスゴイです。

ラグビーW杯でジャパンは南アフリカに歴史的勝利を収めました。大偉業です。なでしこジャパンもFIFA女子W杯2大会連続決勝進出し、澤穂希(神戸)がバロンドールを獲得する快挙を成し遂げました。男子もヨーロッパの強豪チームでレギュラーを張る選手が史上最も多いことはまぎれもない事実ですよね。

野球でも、イチロー(マリーンズ)が大リーグで記録を次々と塗り替えていますが、今年は国内でも記録ずくめ。山田哲人(ヤクルト)や柳田悠岐(ソフトバンク)という25歳以下の選手がトリプルスリーを達成し優勝に貢献しました。大谷翔平(日本ハム)は投手三冠を達成する一方、強打者として二刀流の大活躍です。

バレーやバスケでも、十代の選手が台頭していますが、個人競技でもスゴイです。名前を挙げると、浅田真央(女子フィギュア)、高梨沙羅(女子ジャンプ)、吉田沙保里(女子レスリング)、内村航平(体操)、錦織圭(テニス)、太田雄貴(フェンシング)、室伏広治(ハンマー投げ)たちは、それぞれの種目の「史上最高の選手」と断言しても反論する人は少ないと確信します。

異論があるかもしれませんが、五輪で48年ぶりに金メダルを獲得した村田涼太(ボクシング)はミドル級というスペシャルな階級で世界ランカーとして活躍していますし、個人的には井上尚弥が今まで試合を観た中で最高の選手と思っています。相撲でも白鵬が優勝回数記録を塗り替えました。モンゴル出身とかいうケチな差別は抜きにして、今の若い世代が誰も成し遂げられなかった記録を更新し続けているのは否定できません。 

以上はスポーツの分野ですが、学術でもスゴイですよ。木村草太(憲法学)、古市憲寿(社会学)、細谷雄一(国際政治学)、小川仁志(哲学)などの新進気鋭の学者が注目されており、その分野で画期的な業績を打ち立てる可能性があると私はひそかに期待しています。

同じように、政治の分野でも若い世代が出てこなくてはならないと痛感しています。もう、すでに20台や30台の俊秀が登場し始めているのではないでしょうか。激動の時代を左右する歴史の舵とりを任せるに足る偉材が、誰も知らないところで自己を磨き、着々と力を蓄えているに違いないと、私は大きな希望を抱いています。

私を含めて中年よりも上の世代の議員は、無限の可能性を秘める彼ら彼女らを公正に迎え入れ、リスペクトしなければならないと言いたい。決して、頭ごなしで批判したり活躍を封じ込めるようなケチな妨害は絶対にしてはならないと、痛切に実感しています。

それが日本の将来を切り開いていく唯一の在り方だと信ずるからです。

2014年10大ニュース

2015.01.08 (Thu)
2015年が明けました。本年は4年に1度の勝負の年。スケジュールがパンパンですが、必死のパッチで頑張っています。

毎年の年末、恒例の10大ニュースをご報告していましたが、超多忙のため年越しとなってしまいました。スイマセン・・・。

10大ニュースも2014年で5回目。公明党結党50周年という画期的な1年を総括したいと思います。


1.衆院選挙が大勝利

・・・・2年前に続いての年末の解散総選挙。アベノミクスの是非を問う正念場の大一番で、連立与党の一翼を担う公明党に対して、多くの有権者からご信頼を頂き、31議席から35議席に躍進することができました。心より御礼申し上げます。自民党だけでは大企業や富裕層が潤うだけで中途半端になってしまうのではないかとの懸念の声が多く、結党以来ブレずに弱者の側に立った福祉を推進してきた公明党に声援を頂戴したと実感しています。庶民の家計の負担を軽減する「軽減税率」を何としても実現し、安心の社会保障と経済活性化を両立するべく、これからも頑張って参ります。なお、今回も街宣責任者として頑張りました。大変でしたがやりがい十分。公明党の底力を発揮できて良かったです。

2.伏見区の市会議員候補として公認

・・・・2期8年間、上京区選出の議員として活動してきましたが、定年で引退される先輩議員の後釜として伏見区に転出することになりました。上京区の定数減による影響であり、多くの方々にご心配をおかけして申し訳なさで一杯です。「引退」となっても仕方がない状況でしたが、新天地で心機一転、リベンジを期す決意です。上京区の党員さんたちも快く送り出してくださいました。伏見区の皆さん、どうぞよろしくお願いします!

3.門川市長に政策提言
・・・・7月11日に門川市長に政策提言「京都市における『ふん害』対策の提案」を手渡しました。2年がかりで現地調査を重ね、多くの方々からの声を反映した提言となりました。嬉しいことに2015年2月議会に「ふん害」対策の条例案が提出される見通しで、今後の「美しいまち京都」への大きな一歩となると確信します。

4.海外行政調査レポート完成

・・・・2013年の夏、京都市会・海外行政視察団の一員として、ドイツ・フランス・イギリスの動物愛護政策を学びました。調査団として取りまとめた報告書を公表していますが、特に地方議員の活動に大きな注目が集まっている点を重視して、「説明責任」を果たすべく、個人として特別レポートを作成しました。題して「超・私的2013海外行政調査レポート」! 写真をふんだんに使い、きめ細かく知見をまとめたものです。吉田たかお公式HPでダウンロードできますので、関心ある方は是非ご一読ください。(3の「ふん害提言」もダウンロードできますよ!)

5.市会経済総務委員会副委員長として奮闘

・・・・2014年度の常任委員会は経済総務委員会に所属し、副委員長の大任を拝命しました。行財政局・総合企画局・産業観光局などを所管する委員会で、経済活性化や行財政改革、危機管理などを担う極めて重要なポジションです。夏には金沢市・新潟市・富岡市を視察。秋には災害時の備蓄状況を現地調査するなどきめ細かく取り組みました。観光計画策定などの成果はあったものの、台風やゲリラ豪雨などの対策では課題も痛感。今年度の常任委員会は特に勉強を重ねた手ごたえを感じています。

6.舞鶴市議選の応援

・・・・公明党の素晴らしさは、地域に根をはった草の根のネットワーク。厳しい選挙戦には、たとえ遠方であろうが駆け付けて応援する麗しい伝統が自慢です。11月の舞鶴市議選は新人の小谷しげお候補の応援部隊の一員として頑張りました。今期で引退する前任の奥田保弘さんは山城高校の先輩。不思議なご縁でしたが、全力でサポートさせて頂きました。大勝利できて本当に良かったです。

7.都市油田発掘PJが実用化

・・・・2014年も多くの政策提言が実を結び、実現の方向へと進むことができました。庶民の生の声を膝づめでお聞きし、切実なご意見・ご要望を代弁して訴えた成果と確信します。それと並行して、将来を見据えた壮大なビジョンも重要です。なかでも、家庭ごみを破砕し発酵させる最新技術を駆使してガソリンの代替燃料を精製する「都市油田発掘PJ」は全国的に注目されています。2月議会の本会議で取り上げたところ、門川市長が実用化を明言しました。大きな前進です。京都活性化に貢献でき、こんなに嬉しいことはありません。

8.五大市政策研究会で発表

・・・・8月6,7日の2日間、大阪・神戸・名古屋・横浜市の議員団の代表とともに政令市政策研究会に参加しました。私は京都市会議員団の代表として「地域包括ケアシステム」とくに認知症対策について発表しました。調査研究は大変でしたが勉強になり良かったです。終了後の意見交換会ではざっくばらんな本音トークがさく裂。京都市会議員団が毎年政策テーマを決めて研さんを重ねて「政策提言」を市長に手渡していることに注目を集めたことを報告させて頂きます。

9.弁護士会の勉強会で講師に

・・・・2012年に発表した「自転車走行環境提案書」を個人HPにリンクしていますが、京都市弁護士会の自転車部会の先生方がこれに注目して、教材に使用して頂いていたとのこと。光栄の至りです。3月にはご連絡を頂戴し、勉強会にご招待されて講師を務めました。ビックリ仰天の経験です。鋭いご質問が続いて汗だくでしたがホンマに勉強になりました。自転車政策の一層の推進を決意。頑張ります!

10.三人娘が大きく成長!

・・・・最後はプライベートの報告です。10月に伏見事務所を開設し「単身赴任」している日々。上京区選出の議員としての活動も従来以上に頑張りつつも、伏見区の党員さんたちへのご挨拶もしなければならず、2倍以上の大変さですが、京都市全体の視点も忘れず奮闘しています。そんな私なので、高3・高1・小6の娘たちには父親らしいことがほとんでできていません。ホンマ可哀そうなのですが、若さあふれる彼女たちは元気一杯に青春を謳歌しています。嬉しい限りです。長女は高校3年間のたゆまぬ努力が結実し、某女子大学に合格を勝ち取りました。二女は部活にすべてを捧げ、近畿大会で優勝して全国大会で活躍しました。末っ子も負けずとばかり英検に合格しました。両親が頑張っているから子どもも頑張っているのでしょうが、留守を守って子育てを一身に引き受けてくれている女房には心から感謝しています。 

以上です。2015年は激動の年になりそうな予感。わくわくします。頑張ります。なお、ご参考までに下記に昨年までの10大ニュースを掲載します。

2013年10大ニュース
・交通安全基本条例を議員提案
・空き家対策条例が制定
・海外視察
・市民相談4,000件突破
・参院選大勝利
・議会改革に先駆
・SNSを本格的に開始しました
・歯を抜きました
・あまちゃんとはらちゃん
・鬼のかく乱で寝込みました

2012年10大ニュース
・50歳になりました!
・衆議院議員選挙で公明党が大躍進
・京都市長選挙で門川大作氏が2期目の当選
・2つ目のオリジナル条例「京都市ひとり親家庭支援センター条例」成立
・議会質問が次々と実現
・政策提言「京都市まちなか自転車走行環境提案書」を提出
・上京街かどセミナーを2回開催し大成功
・東京で開催の自転車まちづくりフォーラムで講演
・自転車活用研究会、宅建協会、成逸女性会などで講演
・右ひざを痛めました

2011年10大ニュース
・4月10日の市会議員選挙に2期目の当選
・交通水道消防委員会の委員長に就任
・市会改革推進委員会に選任されるも、少数会派の影響により辞任
・宮城県に2度出張し、被災地の現状を目の当たりに
・7月24日開催の上京街かどセミナーに226名の参加で大成功
・地域科学研究会主催のセミナーに講師として2度の講演
・不動産政治連盟勉強会や朱雀ライオンズクラブで講演
・10を超える他都市からの行政視察を受け入れ
・自転車安心安全条例の書籍を出版
・母が心臓弁膜症の移植手術

2010年10大ニュース

・自転車安心安全条例が可決
・子宮頸ワクチン・ヒブワクチン等の公費助成が正式決定
・議会で主張した「駅ナカビジネス」が大きく前進
・議会で主張した「パークアンドライド」「レアメタル回収」がいっそう充実
・議会で提言した「3人乗り自転車レンタル」「婚活」等の施策が実現
・総点検本部運動で、介護総点検・子育て総点検・商店街総点検を実施
・五大都市政策研究会で京都市を代表し、「自殺対策の成果と課題」をプレゼン
・上京街かどセミナーが大成功
・知事選、参院選で奮闘
・過労で少し体調を崩しました(口唇ヘルペス、帯状発疹、結膜炎など)

京都リサーチパークの夜

2014.05.23 (Fri)
先日のこと。親しくして頂いている社長さんからお誘いを受け、京都リサーチパークで開かれたライブに参加。女優でシンガーの純名里沙さんの素晴らしい歌声を楽しみました。

140522純名理沙

美空ひばりからディズニーまでの幅広いレパートリーに魅了され、アンコールは「すみれの花」と朝ドラ主題歌「ぴあの」という贅沢を堪能。前から2列目という信じられない幸運に恵まれ、何度も目が合いました。シビレました! 残念ながら写真撮影NGなのでチラシを掲載します。

140522五条通り

帰りのバス停まで五条通りを歩くついでに、自転車レーンをパチリ。夜でも明るく見やすいロケーションでビックリ。この勢いで市内の自転車走行環境をババァ〜と整備してもらいたいものですよね!!

京都マラソンで感じたこと

2014.02.18 (Tue)
2月16日早朝より、第3回京都マラソン2014の沿道警備のボランティアで頑張りました。寒かったですが、ランナーのひたむきな姿と、市民の皆さんの笑顔に触れて、心はポカポカになりました。

140216京都マラソン-1

私は、ボランティアリーダーという立場でしたが、皆さんと一緒に声を枯らして声援を送りました。全てのスタッフの献身で無事故を勝ち取ることが出来ました。本当に頭がさがります。 (^∇^)

140216京都マラソン-2

ボランティアでご一緒した渡部さんは、「ファイト!」「おきばりやすぅ~!」と絶妙の掛け声で選手を励ましておられました。選手も笑顔で手を振ってくれ、ステキなエール交換でできて良かったです。さすが渡部さん!

しかし、一方で、残念な気持ちになりました。

それは、学生や若い夫婦ほど礼儀正しくマナーを守っていたのに対し、静止を振り切って横断したり罵倒した自己チューは、分別あるはずの初老や高齢者が多かったこと。なかでも、信じられない違反運転で顰蹙をかった個人タクシーの運転手はおじいさんでした。スタッフの間で、「ああいう人ほど、今の若者は…と言うんやろねぇ〜」と嘆いていました。

140216京都マラソン-3

その点、若い世代の方々は快く迂回に協力したり、子どもさんと笑顔で声援を送ってました。学生さんたちの清々しさは特筆もの。気分よいですね。

140216京都マラソン-

私の受け持ち定点でご一緒した市職員の女性も、ひたむきに頑張っておられました。強風でごみ箱が飛んだ時も迅速に対処。市民の問い合わせにも嫌な顔せず答えておられました。うちの娘もあんな健気で爽やかな女性になってほしいな!

140216京都マラソン-4

今年から、新たにネックウォーマーが支給されました。あったかかったです! 

ただし、翌日に予算委員会で登庁したら、右足が痛い!! 一昨年の夏から右ひざを痛め治療していて、ようやく昨年の秋に正座ができるまで回復したのですが、朝から痛みがぶり返し、午後から右足を引きずらざるを得ない状態に。やばいです・・・・・。 (-_-;)

おそらく、マラソンのボランティアで8時から2時過ぎまで奮闘した後、公明党京都本部党員大会の役員任務で5時前から9時前まで、合計のべ10時間も立ちっぱなしだったことが響いているのでしょう・・・・。

酷使した足を休めなければいけませんが、とてもムリです。議会が始まったばかりで、補正予算の審査と討論結了、本会議代表質疑などスケジュールがびっしり。自宅療養できるはずがありません。どないしょーかとビビったのですが、お湯にゆっくりつかってストレッチしたのでマシになりました。ムリしたらあきませんよね!

2013年の10大ニュース

2013.12.31 (Tue)
もうすぐ、激動の2013年が暮れようとしています。

今年は、皆さんにとってどんな年でしたでしょうか?

この年末の10大ニュースも今年で4回目、恒例となりました。公明党結党50周年の2014年を展望しつつ、今年を総括したいと思います。

1.交通安全基本条例を議員提案

・・・・5月議会で、自民党・民主都みらいと共同提案した議員提案政策条例「京都市交通安全基本条例」が全会一致で可決成立しました。公明党が中心となって1年越しで、まさに一から創りあげた議員立法。私は三派の調整会議に会派を代表して地道に誠実に頑張りました。各局の理事者と条文の細部を練り上げましたので、大変に勉強になりました。クリエイティブな議会への大きなステップとなったと確信しています。

2.空き家対策条例が制定

・・・・2013年も、議会質問で提案した政策が次々と実現しました。地域をコツコツと歩いて庶民の生の声を真っ正面から受け止める姿勢が大事と痛感。特に、11月議会で成立した「京都市空き家の利用、適正管理に関する条例」は、私が22年11月議会代表質問で初めて提案したもので、3年越しの地道な議論の積み重ねが実りました。議員冥利に尽きますね!

3.海外視察
・・・・7月28日から8月5日まで、京都市会・海外行政視察団の一員として、ヨーロッパの動物愛護施策を現地調査しました。ベルリン・ボン・パリ・ロンドンを駆け足で回る強行軍。列車の中で夕飯を食べる日が続き、体力的には大変でしたが、実り大きい研鑽が出来ました。ハード面及びソフト面の2回に分けて具体的な政策提言も取りまとめ、京都市の施策にも貢献できたと確信しています。また自由時間や移動時間には、自転車レーンも独自調査したことも報告させていただきます。

4.市民相談4,000件突破

・・・・2013年秋、初当選以来6年半。市民相談が4,000件を突破しました。地域に根を張ってコツコツと歩いてきた積み重ねです。これも、多くの市民の皆さんにご信頼とご期待を頂いた賜物と、感謝の気持ちでいっぱいです。ご恩返しできるよう、誠実に謙虚に研さんに励んでまいります。でも、今年の夏は暑かったですねぇ~っ! 区内の協力者さんのお宅を地図を片手にほぼ一巡しましたが、なかなかダイエットには至りませんでした。不思議です。

5.参院選大勝利

・・・・7月の猛暑まっ盛りに敢行された参議院選挙。党員・支持者の皆様のご奮闘により、公明党は目標議席を突破する大勝利を勝ち取ることができました。不健全な党利党略が跋扈するねじれが克服され、「決められない政治」が続いた政治を転換することができたのです。待ったなしの経済活性化を目指し、弱者切り捨てを許さない公明党の活躍が期待されていると痛感します。私も街宣責任者として奮闘。不眠不休が報われました。

6.議会改革に先駆

・・・・京都市会改革推進委員会の一員として、議会改革の諸課題を徹底的に議論した1年でした。3人の大学教授をお招きして意見交換したり、会津若松市をはじめ議会改革の先進自治体を訪問したり。会派の枠を超えてエキサイティングで有意義な議論を交わしたことは画期的だと思います。現在、議会基本条例の骨子もまとまっている状況です。また、丹波橋の呉竹市民ホールで開催された議会基本条例報告会ではパネラーとして、参加者の方々からのご質問に答弁。貴重な経験が出来ました。

7.SNSを本格的に開始しました

・・・・参院選挙が終わり、自分の選挙まで少し時間があるということで、お盆休み前後の時間を利用してSNSにチャレンジ。知り合いのプロの方にマンツーマンの研修をお願いし、フェイスブックとツイッターを正式に開始したのです。未熟なヨチヨチ歩きではありますが、まあまあ順調に活用できています。新しい事にチャレンジするのは大変ですが、達成感は半端ないと実感できました。

8.歯を抜きました

・・・・以下はプライベートに関することです。1月に右奥歯が痛み、歯科に通院を始めました。なかなか完治せず、お医者さんも首をかしげるばかり。ついに夏、抜歯する決断をしました。歯の根っこが膿んで腐っていた原因は、歯を食いしばりすぎて「ヒビ割れ」し、菌が入り込んだからと判明。抜いた時には真っ二つに割れていました。今は「入れ歯」をはめたり外したり。なかなか慣れませんが、歯を大事にしなアカンと自分に言い聞かせています。

9.あまちゃんとはらちゃん

・・・・2013年の私は、50年生きてきて初めて「TVドラマ」にハマりました。1月~3月に放映された「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ)は、長瀬智也がマンガから現実世界に飛び出すというファンタジー。DVDやシナリオ本も購入する程のはまりようです。4月~9月までは「あまちゃん」(NHK)に首ったけ。あまロスはまだ完治できていません。2つとも「~ちゃん」がつく共通点がありますが、もう1つは深くて未来を展望する内容だと言うこと。良い経験が出来ました。

10.鬼のかく乱で寝込みました

・・・・当選以来約7年。頑健な体に生んでくれた両親に感謝しつつ、猛スピードでダッシュし続けました。睡眠時間もなんのその。休みもほとんど取らない無茶苦茶なスケジュールが当たり前な日々でした。しかし、51歳のおっさんの体力は確実に衰えていました。12月にひいた風邪がなかなか治らず、結局4日間も寝込んだのです。体調管理の重要性を心の底から痛感しました。自分1人の体ではなく、上京区の皆さんにお応えするために自分がいるのだと、認識を改めていこうと思っています。

以上です。来年はもっと激動の年になりそうな予感。わくわくします。頑張ります。なお、ご参考までに下記に昨年までの10大ニュースを掲載します。


2012年10大ニュース
・50歳になりました!
・衆議院議員選挙で公明党が大躍進
・京都市長選挙で門川大作氏が2期目の当選
・2つ目のオリジナル条例「京都市ひとり親家庭支援センター条例」成立
・議会質問が次々と実現
・政策提言「京都市まちなか自転車走行環境提案書」を提出
・上京街かどセミナーを2回開催し大成功
・東京で開催の自転車まちづくりフォーラムで講演
・自転車活用研究会、宅建協会、成逸女性会などで講演
・右ひざを痛めました

2011年10大ニュース
・4月10日の市会議員選挙に2期目の当選
・交通水道消防委員会の委員長に就任
・市会改革推進委員会に選任されるも、少数会派の影響により辞任
・宮城県に2度出張し、被災地の現状を目の当たりに
・7月24日開催の上京街かどセミナーに226名の参加で大成功
・地域科学研究会主催のセミナーに講師として2度の講演
・不動産政治連盟勉強会や朱雀ライオンズクラブで講演
・10を超える他都市からの行政視察を受け入れ
・自転車安心安全条例の書籍を出版
・母が心臓弁膜症の移植手術

2010年10大ニュース

・自転車安心安全条例が可決
・子宮頸ワクチン・ヒブワクチン等の公費助成が正式決定
・議会で主張した「駅ナカビジネス」が大きく前進
・議会で主張した「パークアンドライド」「レアメタル回収」がいっそう充実
・議会で提言した「3人乗り自転車レンタル」「婚活」等の施策が実現
・総点検本部運動で、介護総点検・子育て総点検・商店街総点検を実施
・五大都市政策研究会で京都市を代表し、「自殺対策の成果と課題」をプレゼン
・上京街かどセミナーが大成功
・知事選、参院選で奮闘
・過労で少し体調を崩しました(口唇ヘルペス、帯状発疹、結膜炎など)
« Prev  | HOME |  Next »