吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

白杖ディ

2011.10.02 (Sun)
10月2日午前9時45分より、二条駅前広場で第55回白杖ディの集いが開かれ、青野仁志議員(中京区)とともに参加しました。



他党の議員さんもたくさん参加。寸劇やアピールをお聞きし、目の不自由な方々と共に生きていくうえで大切な“心”を学び合うことができました。

視覚障がい者が外出するとき、交通量の多い道路や鉄道などでは、少しのミスが大きな危険をもたらすという、ギリギリの緊張を強いられます。

「何かお手伝いしましょうか?」というひと言がが、どれほど助かるか、どれほど嬉しいか――との声に、中途半端な同情ではなく、具体的な行動が大事と、あらためて実感できました。

自転車で中京・上京区内を走って、自転車走行環境の現地調査を重ねた後、中立学区の区民体育祭にお邪魔し、地域貢献に汗を流す皆さん方に、日頃のお礼を込めてごあいさつ。

市民相談が立て続けで入ったため、電動自転車のバッテリーが無くなるくらい、あちこちを走り回りました。てんやわんやの1日でしたが、どのご相談も重要なことばかり。責任の重さを痛感です。

京都がより住みやすい街となるよう、これからも走り回る決意です。よし、ダッシュ!