吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

市民と議員の条例づくり

2011.07.30 (Sat)
7月30日午後2時より、京都産業大学キャンパスで開催された市民と議員の条例づくり交流会議通常総会と記念シンポジウムに参加しました。



この会議は、2001年の第1回開催以来、市民と議員・自治体職員・研究者がお互いに学び合う中で、地域ぐるみの政策づくりや条例づくりを目指すもので、私も今年から入会し、はじめて交流会議に参加したのです。



シンポジウムでは、自治体議員(村山祥栄氏・安本美栄子氏・渡辺裕氏)と研究者(辻陽氏・富野暉一郎氏)が熱いトークバトルを展開。

四条畷市議の渡辺氏は、議員定数適正化や広域の議会事務局構想などの重要テーマを斬新な切り口で語り、大いに感銘を受けました。

議会の権限を強化するには議員が勉強不足であり、責任の大きさを自覚して意識改革するべきとの主張には、私自身大きな触発を受けました。なでしこジャパンを例に引くなど、わかりやすかったです。

実は、渡辺氏については、終了後にバスで駅に向かう途中で、彼の知人の方と偶然に隣り合わせ、若い日から議員を志して綿密な人生設計を立てておられたとお聞きしました。富野教授が強調されていた“覚悟”の重要性を痛感しました。

伊賀市議会議長の安本氏は、議会の見える化を徹底推進するなか基本条例を制定された経緯を語り、心から感服しました。

場内からの質問にも堂々と答えておられましたが、自信に満ちた言葉の端々に、その陰で言葉に尽くせない苦い辛労を重ねておられたことが窺われました。富野教授が「議会は戦いだ」とおっしゃっていましたが、まさにそれを身を持って示しておられますよね!

そして、我が京都市会の同僚議員である村山氏は、旧態依然とした巨大機関に颯爽と戦いを挑む若武者のように、マシンガントークを展開。

京都市会の現状に対し、「チェック機能を果たせていない」「市民の信を失っている」「市民から期待されていない」などなど、歯に衣を着せぬ辛辣な批判を述べておられました。いやー、カッコ良すぎ。

こうした若い情熱がほとばしる市民感覚を真っ正面から受け止め、前向きに、そして謙虚に学んでいかなあかんと思いました。

ただ、その主張は、上記のように“決めつける”だけの十分な根拠を提示しているかというと、残念ながら薄弱であり、マスコミ受けしたとしても、それだけで終わってしまい、多世代の市民からの幅広い共感を得ることは困難ではないかな、と感じました。(村山さん、エラソーに言ってごめんなさい!)

私は、町議会や一般市議会と比べて、人口の多い政令市では、議員1人当たりの人口比率も多く、仕事量や責任の重さが違うので、地に足のついた政務調査に裏付けられた政策をコツコツと提言し、議論を積み重ねていく必要があると思っています。

村山氏率いる京都党は、他都市の首長主導の地域政党と一線を画し、地域に根を張った政策論争を志向しておられますので、我々を含む他会派も感情的に反発するのではなく、真摯に合意形成していく姿勢が大事ではないかなという感想を持ちました。

富野教授が「政治は他者からの賛同を獲得し自身の主張を実現するために、説得力を磨く“技術”が大事である」と述べておられましたが、本当にそのとおりと思います。

会場は300人ではきかないくらいの熱心な聴衆で、熱気むんむんでした。議会改革に真剣な人がこんなに多いのかと、改めて感動しました。

明日(31日)は、交流会議2日目。龍谷大学で朝から夕方まで、全体会と分科会に参加します。問題意識を共有する全国の議員有志との意見交換に、今から胸を躍らせています。