吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

特別委員会現地視察

2008.04.14 (Mon)
4月14日10時より、京都市職員不祥事に関する調査特別委員会が開会。午前中は第1会議室で各局の説明を聴取し、午後から出先機関にバスで移動して現地視察しました。

まず、中抜けが問題となった上下水道局配水管理センター(右京区山之内)では、TV局のカメラがひしめき合う騒然とした雰囲気の中を視察。

事務所では、職員の行き先を知らせるホワイトボードや日程表などをキメ細かく見せてもらいました。続いて屋上や宿直室、倉庫から駐車場も念入りに回りました。さすがに気合いを入れて整理されていました。この初心を形骸化させないよう、心を合わせて取り組んでいきたいです。




次に、右京まち美化事務所(右京区西院)に移動。ここも、事務所だけでなく休憩室や食堂、駐車場まで隅々まで見て回りました。体力を消耗する業務なので休憩することは理解できます。しかし「多目的室」というトレーニングや遊戯の施設は市民感覚からは外れているように感じました。

ただ、中抜けを許さない取り組みが徹底されていることや、研修制度を職員側から充実してほしいと声があがっていること、現場の声を重視した創意工夫が試みられていることは、大いに評価されるべきであると思います。

現地に足を運んで、そこの空気を吸い、自分の目で見ることが大事であると、改めて実感。15,17日の質疑に生かしていくよう決意しました。