吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

歴史資料館を訪問

2011.04.28 (Thu)
4月28日午後、歴史資料館を訪れ、開催中のテーマ展「公家社会の近世・近代-浜岡家文書の世界-」を視察しました。



浜岡家は朝廷で「院承仕(いんのしょうじ)」兼「御経蔵所(ごきょうぞうどころ)」という官人をつとめた家柄で、天皇や将軍の法事や仏教関係の行事に関わる史料が多数残されていて、これらの貴重な史料は今回が初公開。

浜岡家に保管されている書簡のなかで、特に興味深いのが、中村栄助(1849-1938)のもの。

中村は、新島襄らと同志社設立に尽くした政治家・実業家で、初代京都市会議長や衆議院議員(当選2回)、京都商業会議所副会頭をつとめた人物。元京都市長の高山義三(1892-1974)の父親としても知られています。

2階の資料室も見学。平日にもかかわらず多くの市民・学生さんが学んでいました。私も頑張らな!