吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

2週間で17回のミニ懇談会

2011.01.30 (Sun)
京都市財政の危機が叫ばれている中、市政に対する市民の皆さんの関心が高まっていると実感しています。

1月17日(月)から30日(日)までの2週間は、なんと17回のミニ懇談会で走り回りました。

17日が滋野学区、18日が京極学区、19日が乾隆学区、21日が区内独身女性との懇談(女子会)、22日が仁和学区と、充実の懇談会となりました。

また、23日は日曜と言うことで、区内合同懇談会を実施。25日は正親学区と成逸学区、26日が仁和学区と出水学区で開催。活発なご意見を頂戴し、嬉しかったです。

27日は春日学区と小川学区の後で、青年フレッシュ懇談会初日、28日はフレッシュ懇談会2日目、そして29日が室町・小川・聚楽・待賢学区合同壮年懇談会とフレッシュ懇談会3日目と、怒涛のラッシュ。

京都市活性化や財政危機克服への道筋、市民本位でクリエイティブな政策立案の重要性などについて、喧々諤々の議論を戦わせました。

30日も第2回目の区内合同懇談会。他都市からの参加者も多く、上京区活性化への問題意識の広がりを実感しています。

31日に議会が終了しますが、ほっとする間もなく、2月15日から予算議会が始まります。

2月1日から15日までのの2週間は、市政の各課題の自己研さんと同時並行で、さわやか訪問対話活動、街頭市政報告会、市民相談などなど、スケジュールがぱんぱん。

このブログも、毎日の更新ができなくなってしまい、恐縮の極みですが、真剣勝負で頑張ってまいります。いっそうのご指導ご鞭撻をお願いします。