吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

活動報告(19~22日)

2010.12.22 (Wed)
忙しさにかまけてブログの更新が滞り、申し訳ありません。ご心配をおかけしお詫び申し上げます。

お陰さまで元気いっぱいに走り回っています。

19日は老人クラブ連合「歴訪会」に皆さんと共に、関西電力大飯原子力発電所見学会に参加。

最新技術を駆使したわかりやすい説明を聞き、原子力発電所のあれこれを学びました。安全性に最大の注意を注いでいるとのこと。

構内見学は厳重警備にびっくり。同行の皆さんも驚いておられました。「お年寄り」という言葉が見合わないくらい、参加者の皆さんはお元気で向学心旺盛。かたわらで大いに学ばせて頂きました。

20日は、春日学区と仁和学区をさわやか訪問。夕方は出水学区の町内の集いにご招待を受け、お困りごとが解決した報告をさせていただきました。皆さんから御礼を言われましたが、逆にこちらが貴重な勉強ができて感謝させていただいています。

21日は仁和学区訪問の総仕上げ。たくさんの方とお会して楽しい語らいができました。

「国会では見苦しい権力争いばかりで、嫌になってしまいます」「公明党は他者に責任をなするつけない誠実な姿勢なので信頼できますよ」とエールを贈っていただき、感激です。

私は「政治家や官僚よりも、現場の苦労や庶民の痛みを肌で実感する地方議員として、地域に根を張った草の根ネットワークを広げて頑張っています」「中央集権ではなく市民生活に身近な地方分権に時代のかじを切るべきと決意して駆け回っています」「庶民の生活実感あふれる政策をコツコツと創りあげています」と訴えました。

22日は終日市役所。朝から夜の7時まで、教育福祉委員会の議論で缶詰でした。教育と福祉という重要な政策課題ですので、各党の議員もよくしゃべります。(ま、私も3回発言したので他人のことは言えませんけどね)

委員会での詳しい報告は個人HPの「市会だより」に掲載させていただきますので、関心ある方はご参照くださいませ。

これからも、毎日の活動をその都度ご報告できない日々になるかもしれませんが、気合いれて頑張ります!