吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

上京ふれあいまつり

2010.10.24 (Sun)
10月24日11時より翔鸞小学校で、上京区民ふれあいまつり2010が盛大に開催され、私も来賓としてお招きを受け参加させていただきました。



上京区17学区や各種団体が、勢ぞろいでテントを設営し、多彩な模擬店を競い合いました。スタッフの皆さんに敬意を表します。

開会式には門川市長も駆けつけお祝いをいただきました。区民の民さんも大喜び。

マスコットキャラクター“かみぎゅうくん”も、相変わらずの大人気。交通局のゆるキャラも初登場。初々しいお披露目でした。



開会式終了後は、ステージで多種多彩な演目が続きます。上七軒の舞妓さんのあでやかな舞には、大勢の参加者の皆さんも拍手喝さい。

私は、各テントを回って、様々な方々と意見交換で汗びっしょり。共同募金のスタッフの方や自閉症自立支援のNPOの方々から、貴重なご意見をお聞きしました。

また、さわやか訪問で訪れ、懇談をさせていた方からは、わざわざ声をかけていただきました。うれしかったです。

お昼過ぎからは家内とバトンタッチ。舞鶴市に直行しました。山口代表を迎えての議員総会が開催されたのです。

代表はざっくばらんに懇談してくださいました。時代を切り開くため、チーム3000の団結で庶民の暮らしを守る政策を推進する重要性を学びました。

その中でも、山口代表が「条例提案も大事」と強調されましたので、京都市会でのチャレンジが党の方向性とバッチリ一致していると、思いを強くした次第です。

なお、前日(23日)に中京区で開催された公明党府本部大会で、私は「大会宣言」を起案し本番で登壇して朗読するという重責を任されました。

緊張しましたが何とか使命を果たすことができました。決意を新たにスタートダッシュいたします!