吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

議会質問が結実!

2010.09.13 (Mon)
9月議会で審議される補正予算のなかに、自動車運送事業(市バス)特別会計の補正予算として、車内にベビーカーを固定するベルトを新たに設置する計画が発表されました。

これは、現在市内を走っているノンステップバス及びワンステップバス638両に、赤ちゃん連れの乗客がベビーカーを折りたたまなくてもよいように、専用ベルトを設置するというもの。

子育て中の保護者が大変に喜ばれることと思います。

実はこれ、私が昨年6月25日の交通水道委員会で取り上げ、実現を求めていたものです。今回の補正予算に計上され、こんなうれしいことはありません。

私自身も子どもが小さいときに、バスの中で踏ん張りながら、片手に子どもを抱き、もう片手でベビーカーを担いでいた経験がありますので、行政の決断に拍手を送りたいです。

ご参考までに、会議録の一部を再録します。


*****************************************************************

平成21年6月25日交通水道委員会(第6回)

吉田委員
私も,子供が小さいときはベビーカーで色々と出歩いて,バスを利用したときがありました。そのときは畳んで子供を抱っこしていました。(略)座れないときは,左手にベビーカーを持ったり,あるいは肩に掛けて子供を右手に抱いて足を踏ん張ってという風なことをやっておりました。父親でそういう風な苦労があるので,母親の場合はもっと,子供さんが大きい場合は本当に御負担があるんじゃないかという気も致しました。(略)これから車を減らして公共交通機関を使うようにしましょうという時代にもかかわらず,普段はベビーカーに乗せているお母さんがバスには乗りにくい状況になっているわけであります。私は,これに対する対策を採る必要性は大きいんじゃないかと考えるわけなんですね。(略)東京には,ある特定のスペースにリボンが掛けてあって,ベビーカーや車いすの方はそこのスペースに止めておいたら,そこにくくったらそのまま乗って結構ですよという風な固定リボンがありまして,これは非常にいいなと思いました。(略)私はこのような取組は導入をしていただいた方がいいのではないかと考えるわけですけれども,この点に関しての御見解はいかがでしょうか。

岡崎自動車部長
我々としては,当然そういったことについても他都市の状況についても研究して,またいろんな事例も手に入れております。そしてどういった対策がいいのかは色々検討致しております。(略)市民の方がどういった方向を一番好まれるかなということをもう少し見極めて,少し研究を進めさせていただきたいという風に思います。(略)

************************************************************************

長くてすいません。でも、ちゃんと言ってるでしょ? 

先週に補正予算が提出されて勉強してたら、この件は以前にも曽我議員(伏見区)も求めておられたと聞きしました。現場からいろんな声が出ているのですよね。

これからも、議会で市民の皆さんの生の声を、しっかりと届けてまいります。

お気軽にお寄せくださいね!