吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

動物愛護の皆さんと懇談

2008.03.17 (Mon)
3月17日――本格的な春の訪れを実感する暖かな昼下がり、市内のホテルで行われた動物愛護団体の合同例会に参加させていただきました。

かけがえのない生命の尊厳が軽視され、不幸な事件が頻発している風潮を憂い、動物愛護のボランティアを熱心に活動されている方々と出会えたことは、私にとって本当に幸せなことです。偶然にも、大先輩の大道議員(南区)が長年懇意にしておられる団体でもあり、2月のセミナーに参加した私たち2人を例会にお誘い下さったのです。

常任委員会の日程と重なり、泣く泣く欠席した大道さんから「頼むで!」と託され、不肖・私が右代表で参加させていただいたのですが、会場に着いた私を皆さん笑顔で迎えて下さり、本当にうれしかったです。

時の経つのを忘れるとは、まさにこのことを言うのかと思うほど、喧々諤々の意見が交換されました。と言っても、ネガティブな愚痴や批判ではなく、長期ビジョンに立った価値的なアイデアが活発に交換されたのです。動物虐待の現実と向き合い必死に実践してこられた方々の重い言葉に、ただただ圧倒されました。

捨てられた動物たちが里親が見つかるまで保護される一時施設に対する様々な意見は、本当に建設的で示唆に富んでいました。実現するには幾つものハードルを越える必要がありますが、重要な観点だと痛感。

また、動物園のあり方についても、深い愛情に裏打ちされた情熱的な声が飛び交いました。動物愛護を通して、人類的視野に立った高潔な議論が展開され、心の底から感動しました。

エゴが蔓延する社会を変革
するためにも、決して中途半端になってはならないと、強く決意しました。善意の声を現実化するためにも、行政の責任は重大です。真剣の二字で研鑽に励み、お役にたてるよう頑張っていこうと決意しました。やりまっせ~っ!

今回お邪魔した皆さんのHPを下記に紹介させていただきます。名前をクリックしてください

日本動物ネットワーク京都さん