吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

旧友と再会

2010.07.30 (Fri)
7月30日は早朝から議員団が集まり勇躍スタート。

午前中は環境政策局提出の条例改正案をテーマに意見交換したあと、9月議会の代表質問について、活発に討議しました。

午後からは、議員提案政策条例「(仮称)京都市自転車安心安全条例」が議題。喧々諤々の真剣な議論が出され、大きく前進しました。(詳しくは公明党京都市会議員団HPをご覧くださいませ)

正味10時間の息もつかせぬ丁々発止の政策研究会議が終わり、次への準備作業をしていると、携帯にメールが入りました。

「いまからめしくうけど、きいひんかぁ~」

旧友(悪友?)からのお誘いです。書類の山はいっこうに減らないのですが、まっいいかぁ~と思いなおし、当初の予定を1時間ずらし、「OK!」と返信。

待ち合わせ場所に行くと、4人の中年親父どもが待ち構えていました。久しぶりの再会に笑顔があふれ、一気に疲れも吹き飛びます。

「どや? 先生て呼ばれる気持ちは」
「違和感ありまくりやで、いまだに」
「議会もないし選挙も終わったし、ヒマでしゃーないやろ?」
「3時間しか寝てまへんにゃ」
「うっそーばっかし!」

――てな、たわいない会話です。

「何してまんにゃ、夜中まで起きて悪い事してんのかぁ?」
「ちゃうちゃう、地方議会の議員立法に当たる議員提案政策条例っちゅうもんを団でつくってたんや。今日も10時間闘争やりましたがな」

――と、ビシッと言ったのですが、予想に反して「へぇー、そうなん」と軽く受け流されてしまいました。ガクッ!

「議員立法」「議会改革」とリキ入れても、現実感が無いのかぁ・・・・と、ちょっぴりトホホでした。

その後、政治談議、仕事のこと、家族のこと、趣味のことなどなど、多彩な話題で盛り上がり、心身ともにリフレッシュ。ええもんですなぁ、友情って!

最後に、「最近ツーリングにはまってんにゃ」という話から、自転車談議へ。けもの道のような断崖を走ってるとか、くたくたになるけどオモロイとか、それでも痩せへんなぁ――とか盛り上がってる時です。

「自転車損害保険に入ってるのん?」とさりげなく聞くと「そんなん知らん」との返事。

そこから、自転車保険の話が始まりました。今回の議員提案政策条例「自転車安心安全条例」で、大きなポイントになった問題点です。自転車の大きな事故が増えていることや、いざという時の保障が無い事が大変なこと、レンタサイクルが増えている今、観光都市京都のもてなしという点からも大きな課題であること等を紹介。

みな食いつくように聞いてくれました。子育て世代であり、地域や会社の責任ある立場にいる男たち。自転車の安心安全の重要性は誰よりも痛感していたのです。

保険問題以外にも、交通安全教室や指導員等の体制充実、商店街の安全強化等の問題も、今回提案する条例で明記していると言うと、「すごいやん! こんなことやってたんかいな」と目を輝かせます。

「さっき言うてたやん」と言うと「議員立法って言われても、ピンとこんかったんや。そやけど、この条例は大事や。間違いない」と、ひと昔前のギャグでお褒め頂きました。

嬉しいもんですね。お世辞抜きですから、余計に。

旧友たちと別れて、もう1件は、お世話になっている業者さんと、条例提出を広報し周知する戦略の打ち合わせ。ひろく市民に知っていただかなければなりません。真剣勝負です。――と、頭を切り替えて仕事モードに突入です。

9時過ぎに帰宅後、書類整理のためパソコンを開いたのですが、ネットがつながりません。(悲鳴)

1時間以上の悪戦苦闘の末にトラブルが解消し、ようやく議員団ホームページの制作会社さんと連絡ががつきました。条例案の意見を市民募集する「パブリックコメント」の打ち合わせが終わったのは、11時を過ぎていました。遅くなってしまい、ごめんなさい。。。。

くたくたの限界ですが、心は青空のように晴れやかです。友情が仕事へのパワーを増加させてくれます。京都市活性化のため、おやじパワーで頑張ります!