吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

5月度上京支部会

2010.05.26 (Wed)
5月26日夜7時より、西陣織会館にて5月度公明党上京支部会を開催させていただきました。


 
月末のお忙しいkところにもかかわらず、100名近い方々がご参集くださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

まず、青年局メンバー2名が爽やかにはつらつと挨拶。若さは素晴らしいですよね。場内が明るくなりました。

次に女性局2名と壮年1名の皆さんが、笑顔満開の活動報告。誠意と情熱が共感を勝ち取ったエピソードに、感動のため息があちこちから聞こえてきました。凄かったです。

私は、市政報告を兼ねて、現在の熱い政治課題である「安全保障問題」「福祉問題」「経済成長戦略」「文化芸術振興」について、資料をもとに語らせていただきました。

特に、浮島とも子参院議員(参院選比例区候補)と京都市会議員団がタイアップして推進してきた「子どもたちに一流の芸術を経験してもらう」ことを目指した政策が、鳩山政権によって事業仕分けされてしまったことを厳しく糾弾。

子どもたち心を豊かに育む芸術を大事にすることが、長期的な視野に立って日本の将来を左右するカギであると訴えました。

なんせ、こう見えても、実は私、恥ずかしながら「芸大出身」なんです。お役に立っていこうと、改めて決意した次第です。

お忙しい時間を割いて、勇気凛凛とご参集いただいた皆さんと共に、力を合わせて、不可能を可能とする勝利を目指して、スタートダッシュを切ることができました。

頑張ります!