吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

ゴールデンウィーク街頭

2010.05.02 (Sun)
5月2日午後2時より出町商店街前で、ゴールデンウィーク街頭演説会を開催しました。

これは、5月2日から5日までの4日間を府本部の街宣車が京都府内を縦断して走り回るもので、上京区として初日の今日に、竹内府本部代表(衆院議員)の地元学区にある出町商店街で実施したのです。

私は司会を務めるとともに、約5分ほど挨拶をしました。

1.派閥も世襲議員も族議員もいない公明党こそが、地域に根を張った草の根ネットワークで庶民を守る政治を実現できる

2.京都市活性化のために、地下鉄現地調査を実施。5万人増客への政策提言が具体的に実現するなど、着実に前進している。

3.明日が憲法記念日である。平和を勝ち取るために、排他的な国家主義が浸透している現状を重視し、生命尊厳と人権尊重を優先する政治に変えていかなければならない。

竹内代表は、国政の攻防を迫力満点かつ分かりやすく解説。多くの方が笑顔で手を振って頂きました。じっと立ち止まって聴き入っている方も何人かおられたのが印象的でした。

終了後、商店街1件1件挨拶回り。誠実が1番ですからね。皆さん笑顔で「吉田たかお通信」を受け取り、激励を頂きました。

また、商店街活性化についても意見交換。その中で、自転車を下りずに商店街を走る方が多いとお聞きしました。安心安全のためにも、対策が望まれますよね。

よしだッシュで頑張ってまいります!