吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

署名活動の報告

2010.04.29 (Thu)
4月12日から28日まで、公明党京都府本部女性局が署名活動を推進。28日夜の最終集計では、短期間であったにもかかわらず、上京区で約6,000名の方々の賛同を頂きました。


 
ご協力を頂いた皆様、ありがとうございます。

内容は、「細菌性髄膜炎を防ぐヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの公費助成を求める署名」と「女性のがん対策の強化充実を求める署名」の2種類。

1つめは、死亡に至るおそれが高い感染症である細菌性髄膜炎の原因の75%が、ヒブウィルスと肺炎球菌と言われ、ようやくこの2年で厚生労働省からワクチンが承認されたのですが、接種費用が1回につき約1万円もかかるという実態です。

京都市会でも、公明党議員団として何度も代表質問等で取り上げているのですが、財政の厳しい自治体の単独助成は厳しい状況ということで、国に公費助成を求める意見書を提案。共産党を含む全会一致で採択して国に求めています。

今回の署名活動でも、多くの方々に賛同いただきました。大きな追い風としてまいりたいと決意しています。

2つめの、女性特有のがん対策については、今までどうしても他のがんと比べ遅れていました。粘り強い活動によって、少しずつ機運が盛り上がっているものの、まだまだこれからの段階です。

特に子宮頚がんは、年間15,000人以上がかかり、3,500人以上が亡くなっているとのことで、公明党はいち早く子宮頚がん予防ワクチンの承認を求めてきました。

神奈川県の市会議員に寄せられた市民相談がきっかけで、ネットワークの強みを生かして国会議員が動く中、ようやく昨年10月に承認をされたのです。

しかし、この接種についても、診察料と合わせた費用が3回で4~6万円もかかるという高額なもの。この公費助成を求める声を糾合し、国を動かしていく運動を進めているものです。

合わせて、乳がん・子宮頚がんの早期発見のための「検診」についても、充実を求めています。

日本では20%の受診率にとどまっており、促進するための無料検診クーポン券配布事業が、ようやく公明党の主張が実って始まったのですが、民主党政権がこれを大きく減額する方針を発表しています。

「命を守る」と口で言いながら、まったく反対のことばかりをしている政府の迷走ぶりを象徴する深刻な事態で、見逃すことはできません。

こうした強い想いで立ち上がった女性局の皆さんの頑張りで、目標をはるかに上回る署名が集まったのです。上京区だけで6,000筆ですから、京都全体ではものすごい数になるでしょうね。心から敬意を表します。

私たち議員も、こうした庶民の生の声をしっかりと受け止め、政策実現のために地道に誠実に走り回っていくことを、改めて決意できました。