吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

街頭での出来事

2010.04.18 (Sun)
17,18日は広報車(街宣車)で、区内各所を街頭市政報告会にダッシュ。土日ということもあり、たくさんの方に聞いていただきました。

マンションの窓や車の中から手を振って下さった方、わざわざ家の中から出てきていただいた方、本当にありがとうございます。

土曜日は、千本商店街と北野商店街など7ヶ所で実施。終了後は近くのお店1件1件を訪れ「お騒がせしました」とあいさつすると、「ごていねいに」と笑顔でこたえていただきました。

誠実一路、有言実行が大事ですよね。

日曜日も良い気候でしたので、意気込んでダッシュ。地下鉄鞍馬口駅、寺町上御霊、寺町上立売の3ヶ所で、道路補修など身近な安心安全の実績を紹介しました。

さぁ、次へ行こうと車に乗りかけると、1人の学生さんから「ずっと聞いていたのですが・・・・」と声をかけられました。ビックリです。

「経済対策」「成長戦略」などのグランドビジョンについて、また「雇用」「セフティネット」「社会保障」などの喫緊の課題について、様々な課題について意見交換。

立ちっぱなしで夢中で語り合いました。気がつくとあっという間に1時間近くも経過。公明党の「自助」「共助」「公助」の方向性に共感していただいたようで、良かったです。

私自身も20数年前に学生時代を送っていましたが、議員に声をかけるような勇気がなかったもので、今日の学生さんの問題意識に純粋に感服しました。

たった1時間の対話で、全てを納得してもらえることは不可能です。また、そんな知識も能力も残念ながらありません。ただ、学生さんにとって、何らかの思索のヒントになれたら、うれしいことだなと思います。

もっと力をつけなあきません。がんばらなくっちゃ!