吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

深夜の議会

2010.03.19 (Fri)
3月19日の最終本会議直前の予算委員会討論結了が、深夜までずれ込みました。

22年度予算案や国への意見書に対する各会派の態度を決する調整が、複雑に絡み合って大幅にずれ込み、常任委員会や予算委員会の開始が出来なかったのです。

ようやく、深夜0時過ぎに、公営企業予算委員会が開催。交通事業健全化計画や市立病院の地方独立行政法人化などの重要案件の賛否が発表された後、各会派から提出された付帯決議について、1つ1つ慎重かつ粘り強く協議。

終わった頃は1時をすぎていました。議員団室に戻り、待ち構えていた先輩議員に協議の結果を報告。時間があっという間にすぎていきます。あーしんどっ!

事務方の準備が徹夜で進められるため、19日本会議の開始は、午後1時となりました。これも長時間にわたりそうな気配。各会派の議論が沸騰し、意見を戦わせることは結構なことと思います。京都活性化への第一歩になるよう、頑張りたいです。

ただ、変に揉めたり、こじれたりはゴメンです。余計に疲れますもん。誠意と敬意をこめた意見を交換する、文化の都らしい紳士的な議会を目指したいなと、僭越ながら思います。

いずれにしても、ええ経験になりました。心身とも、もっともっとタフに頑張りたいと熱願しております。

よしだッシュ!!