吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

雛祭りの日の市政報告会

2010.03.03 (Wed)
3月3日、予算委員会終了後に吉田事務所で行った市政報告会に、お忙しいなかを17名の方がご参集いただきました。

まず、2月24日開催の上京街かどセミナーに113名の方にご参集いただいた喜びの報告。半分近くの方が党員以外の方でしたから、もう大感激です。

また、毎晩「さわやか訪問対話活動」で各学区を回っている際に、多くの方から「寒いのに街頭演説ご苦労さまやねぇ」と励まして頂いていることを紹介すると、皆さん自分のことのように喜んで下さいました。

予算委員会での奮闘の模様や、国会での竹内府本部代表(衆院議院)の活躍を紹介した後、公明党の経済政策について、詳しく語らせていただきました。

「いっぺん民主にやらせてみたらええやん、あかんかったら辞めさせたらええやん」という浮動層の軽いノリに支えられ政権を奪取したものの、「やっぱりあかんかったやんかぁ~」と化けの皮が剥がれた民主党に幻滅した国民の多くが、政治不信に陥っています。

そんななか、「公明党が主張する政策が、一番庶民の生活を守り、経済を立て直すことを自信を持って論じていけるようにしたほしい」との声が数多く寄せられたので、経済政策を研鑽した次第。

「わかりやすかったです」と何人もの方が笑顔で喜んでいただきました。時間をやりくりして予習した甲斐がありました。

終了後も、なかなか席を立つ方が無く、わいわいと話に花が咲きました。京都活性化への勇気がこんこんと湧いてきました。

さっそうと帰宅したら、なんと今日は雛祭り。すでに就寝中の子どもたちが、お父さんにとケーキを残してくれていました。うれしかったなぁ・・・・。

心やさしいお姫様たちの為にも、頑張りまっせぇ~!