吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

地球環境セミナーに参加

2008.03.07 (Fri)
3月7日午後6時半より、キャンパスプラザ京都で「もっと知りたい地球温暖化・私たち一人一人ができること」とのテーマで、地球環境問題連続セミナーが開催されました。

3回目の今日は、「私たちのまちの温暖化対策を考える」と題してパネルディスカッションがあり、京福電鉄の地域ぐるみの取り組みやNPO法人・気候ネットワークの運動などについて、さまざまな興味深い話を聞くことができました。

温暖化対策は待ったなしです。地球が破たんしてしまうのを、指をくわえて見ているだけで良いのか――? 私は、真剣に取り組まなければならないと強く思います。京都市が各種団体と力を合わせて事業を推進し、広報のためにセミナーを企画することは大変に素晴らしいことであると実感している一人です。

この日は、遠路はるばる静岡県地球温暖化防止活動推進センター事務局長がパネラーとして来て下さり、貴重なお話しを聞くことができました。掛川市は90%の市民がエコバックを使っているとか。ビックリしました。

京都市の取組みは、他都市から注目を浴びて視察依頼が殺到しているとのこと。ただ、正直に感想を述べますと、取り組み自体は正攻法で価値あるものの広報が物足りません。今回紹介された範囲では硬すぎて魅力に欠けると感じました。逆に、静岡はメディア戦略を強力に推進しておられ、参考になると痛感しました。

柔軟な発想でユニークなアイディアを実行してきた門川市長になって画期的に変わってくれば、より広い層にアピールでき市民の問題意識をより強力に刺激していくのではないかと期待しています。