吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

寒風のさわやか訪問

2010.02.18 (Thu)
2月18日は朝から市役所。公営企業等予算特別委員会を終え、夜は寒風をついて仁和学区をさわやか訪問に走りました。 

自転車のカゴに「吉田たかお通信」を積んで、20軒のお宅をあいさつ回りしました。寒かったぁぁ~っ!

「寒いのにご苦労さんですなぁ」とねぎらいの言葉をたくさんいただき、感動で胸がいっぱいです。

2月議会で審議している予算案に、私が議会で主張していた施策が、数多く盛り込まれていることを報告すると、自分のことのように喜んでいただきました。ありがたいです。

「公明党は派閥がありません。地域の生の声が途中で途切れたりせず、国にまっすぐに伝わります」「公明党は世襲議員も族議員もいません。利権やしがらみに無縁です」と誠心誠意訴えました。

ただ、夜の9時近くになっても残業でお留守の方も多かったと実感。不況の中のご奮闘に頭が下がります。政治の活性化が大事と改めて実感しました。 

しばらく過労のため体調が良くなく、さわやか訪問活動や街頭市政報告会を休んでしまい、ご心配をおかけしましたが、16日から待望の復帰。徐々に体をならしています。

16日は春日・京極・室町学区、17日は嘉楽・乾隆学区を回り、今日が生まれ育った仁和学区。勢いがついてきました!

寒さが厳しくなっていますので、無理はできませんが、これからも感動の対話活動に頑張ってまいります。よしだッシュ!