吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

文化芸術フォーラム

2008.02.29 (Fri)


2月29日夜に京都コンサートホールで、京都文化芸術都市創生計画推進フォーラム「みんなで進める文化芸術都市・京都の創生」が開催。200名を超える方々と共に、早春コンサートとフォーラムを堪能しました。

「京都の暮らしの文化をもっと楽しむ」
というテーマのパネルディスカッションでは、笹岡隆甫氏(華道・未生流笹岡次期家元)、杉本節子氏(財団法人奈良屋記念杉本家保存会事務局長)、中川等氏(大阪産業大学講師)が、季節の移ろいを楽しむ“達人の文化”を語り合い、大いに啓発を受けました。一流シェフの御馳走を楽しんだような、贅沢な満腹感でいっぱいです。

「山紫水明の自然との共生」「命を慈しむ」「真心のおもてなし」「奥ゆかしさ」「季節へのこだわりの美学」「面倒くささを楽しむゆとり」・・・・・。ダイヤモンドのように輝く含蓄あふれる言葉の数々に心が洗われました。
 
斬新な試みとして、フォーラムに続き早春コンサートが開催されました。京都市交響楽団首席奏者を務めた仙崎和男氏のファゴットと松田みゆき氏のピアノで、「早春賦」「宵待草」「忘れな草」などが奏でられました。圧巻はルイ・アームストロングの「素晴らしき世界」! 文字通り素晴らしかったです。

終了後、主催した京都市文化芸術課の職員にアンケートを渡しました。感動をそのまま伝えると、試行錯誤の苦労を乗り越えた素敵な笑顔を返してくれました。一部の職員の不祥事が取りざたされていますが、ほとんどの人たちは休み返上で頑張っているのです。力を合わせて文化都市・京都の活性化に貢献しようと改めて決意。頑張りまっせ~っ!


(後日、文化芸術企画課から、フォーラムの模様の画像を届けていただきました。クリックしたら大きく写ります)