吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

ハッピーマザー贈呈式に参加

2009.12.18 (Fri)
12月18日、ボランティア団体「上京ハッピーマザー」の皆さんと一緒に、京都市小川特別養護老人ホームを訪れ、車椅子の贈呈式に参加させていただきました。


↑ クリックしたら大きく表示します。
(ちょっぴり逆光ですんで、後日差し替えるかもしれません。すいません・・・)

ハッピーマザーの皆さんは、空き缶のふた(プルトップ)を集め、それを換金して福祉器具を寄贈する活動を展開。地域の皆さんの賛同を呼んでおられます。

家内がメンバーであるということで、光栄にも顧問という立場でご支援させていただいています。

コツコツと集めたプルトップを、だいたい年に1回大々的に回収して、一括換金しておられるのですが、今年は例年以上の真心のご協力があり、最新の車椅子を購入できたとのこと。

上京区のご縁のある福祉施設に声をかけておられるとのことで、今回は京都市小川特別養護老人ホームに寄贈されることとなりました。

10時からの贈呈式では、施設側のスタッフの皆さんと、利用者さんの代表も出席。「涙が出るくらいうれしいです」との感謝の言葉に、ハッピーマザーの皆さんは感激しておられました。

また、施設長から感謝状も贈っていただき、同行した私も感動しました。ありがとうございます。

ハッピーマザーのプルトップ回収運動は、上京区はもとより全国的に広がっているとのこと。他府県からも宅配便でどっさりと送られてきているケースもありとか。

たくさんの方々が、庶民のボランティア活動に賛同しておられ、人の心の美しさをあらためて実感しました。


↑ クリックしたら大きく表示します。

車椅子を手配していただいた業者さんも、麗しい女性2人が忙しいなかを駆けつけ、セッティングを手伝っていただいたあと、実演まで披露していただきました。ありがたかったです。

「まごころ」という素敵な言葉を、あらためてかみ締めた1日となりました。

なお、午後からは市役所に登庁し、市民相談や政務調査活動に従事。机の整理もままならないまま、新しい書類が次々と山をなしています。とほほ。

でも、相談事に迅速に取り組み解決への道が見えた件もあり、充実感でいっぱいです。年末はあわただしいですが、元気いっぱいに頑張りまっせぇ~!