吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

翔鸞学区出前トーク

2008.02.28 (Thu)


2月28日夜7時より、翔鸞学区で開催されたひなまつりフォーラムに参加させていただきました。地球環境問題に関心があり、日頃からてんぷら油回収やプルトップ回収の運動に力を入れておられる皆さんが声をかけて下さったのです。

実行委員長の桐畑さんが党員ということもあって、私に講師を相談してこられました。市のプロジェクト推進室に打診したところ、市の事業である出前トークの一環として環境局循環企画課とまち美化推進課からお2人の担当者が来ていただきました。

寒い中にもかかわらず、近隣から約40名もの方々が参加してこられ、温暖化対策の実情と課題・市民としての身近な心がけや実践について、具体的な取り組みの状況に耳を傾け、活発に意見交換をされました。

講師の循環企画課・瀬川課長も、偶然にも同じ学区の市民とのこと。和やかな笑顔の語らいになりました。ややこしいごみ分別ですが、地球のためにも大変に重要であると意識がいっそう深まり、皆さん喜んでおられました。(写真を斜めから写したので、どことなく門川市長に似ていますが別人です!)

会場には、先日近所に引っ越してこられた若夫婦と生後間もない赤ちゃんも参加。未来の京都のためにも、地道に着実に市民発の波を拡大していかなければらないと、すべての方々が思いを共有したフォーラムになりました。私も頑張ります!!