吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

家庭内別居??

2009.09.29 (Tue)
先週のシルバーウィークからこちら、我が家は大変なことになっています。小1の三女が発熱したと思ったら5年生の次女も。かかりつけの医者に行くとA型インフルエンザと診断されたのです。(新型ではありません)

地元の小学校では猛威にさらされ、学級閉鎖のクラスもあり心配していたのですが、とうとう我が家に上陸を許したのでした。

ただ、試験や部活のある中1の長女はさすがにタフで、寝込む妹たちをしり目に学校に塾にと休まず通っています。よう感染せぇへんなぁと感心しきり。

私といえば、今まさに議会の真っ最中。毎日市役所に通いながら書類の山と格闘しつつ、代表質問原稿執筆や「吉田たかお通信」制作、セミナーや党の定例市部会準備などなど、深夜になっても事務所から帰れません。

夜がしらじらと明けてくるころに、ようやく自転車で自宅へ。朝刊を読んでから数時間の睡眠にありついた後は、寝ぼけ眼でシャワー。朝食もそこそこに市役所に向かうという強行軍の毎日なのです。

ただ、このようなある意味の「家庭内別居」状態が幸いしたのか、私はインフルエンザ菌に冒されず、今もぴんぴんしております。

大変なのは家事全般をしながら、娘たちの看病しなければならない妻です。菌の充満する自宅を切り盛りし、明け方に帰ってくる夫の朝食と着替えを準備してくれていたのですが、週明けにはついにダウン。

高熱で苦しみながらも、頼みの夫はバタバタ状態なのでアテにならず、ふらふらになりながら家事をやりくりしてくれました。ホンマ、すんまへんなぁ・・・・。

2日の代表質問が終わるまでは、倒れるわけにはいきません。インフルエンザ菌をはねのけ、打ち払って撃退し、体内に入った奴らも圧倒的バイタリティーで自然死させてしまう心意気です。

そして、2日が終わった頃は、自宅にも平穏が戻ってきていることでしょう。それまでは、病魔を一手に引き受けて、私を「隔離」してくれている妻に感謝しつつ、山と積まれた仕事をバリバリと片付けてまいります。

ですんで、私と出会ったときにも、「うつされるのでは・・・・」とビビったりせず、安心してフツーにお付き合いくださいね。