吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

おかげさまで、竹内奪還!

2009.08.31 (Mon)
衆院選挙の開票が31日にずれ込み、午前1時になろうかとするころ、比例区近畿ブロックで公明党の4議席目の当確が発表されました。

念願の京都の1議席が奪還できた瞬間、京都府本部の選挙事務所は歓喜に沸き立ちました。波乱万丈の政治人生を送ってきた竹内候補は感無量の表情で報道陣のカメラにこたえていました。陰で支えた奥様の涙が印象的。おめでとうございます!

1時過ぎには、近畿ブロックの最後の最後で5議席目も当選が決まり、執念の戦いが奇跡を呼び起こしたと確信することができました。

公職選挙法で、ホームページ上で選挙の当選御礼をすることはできませんので、下記に感謝の気持ちを込めて報告をさせていただきます。

多くの党員・支持者、創価学会の皆様の献身的なご支援によって、積み重なった汗と涙の結晶である比例票は、下記のとおりです。

上京区:  3,377
京都府: 142,636
全国計:8,054,007

しかも、近畿ブロックは、4年前の小泉旋風で4議席にとどまって、40年間守り続けてきた衆議院の京都の1議席を失ったのですが、今回はそれ以上の民主の暴風雨を跳ね返し、5議席を勝ち取り、悲願の議席奪還を果たすことができました。

残念ながら、小選挙区はすべて惜敗。つらい気持ちでいっぱいですが、歯を食いしばって立ち上がり、リベンジしなければなりません。

その決意を込め、31日は早朝より区内3か所で街頭報告会を敢行。元気いっぱいにあいさつをさせていただきました。

公明党は野党になりますが、決して党利党略の権力闘争を仕掛けることはありません。庶民の暮らしを守ることが最も大事だからです。

どこまでも庶民の側に立って、政治が腐敗堕落しないよう徹して監視し続け、生活実感に裏付けられた政策を立案し、成立させていくことが、応援していただいた皆様にお答えしていく道だと確信しています。

パフォーマンスが前面に出る劇場型政治から転換し、地域に根を張って民意を集約するネットワーク政治を推進していくため、京都中をダッシュしてまいります。やりまっせ~っ!!