吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

超さわやか訪問特別版

2009.07.30 (Thu)
7月30日は東山区の一橋学区を訪れ、さわやか訪問対話運動スペシャルバージョンの特別版で歩きました。一緒に回っていただいた皆さん、暑いなか本当にありがとうございました。

市役所で公園活性化や駐輪問題について、関係者から意見聴取したあと、勇気凛々と東山区へ。上京区に縁深き方からのリクエストがあり、お伺いすることになったのです。

景観保全や文化財保護などについて、興味深い素材に恵まれている地域ですので、地元の方々と一緒に歩きながら、悠久の歴史が重みを増す醍醐味を実感。龍馬の時代にタイムスリップしたような錯覚にとらわれちゃいました。

環境や福祉などの重要課題についても、実り多い語らいができました。ある方が「経済が良くならないと福祉や子育て支援の財源にならない」と喝破されました。まったく同感です。

ある女性は「上京区の議員さんが東山まで来てくれはるんですね」と驚いておられましたが、横におられる婦人党員さんが間髪を入れず「公明党はネットワーク政党やから安心ですよ」と胸をたたかれました。うれしいですよね。

雨もふらず、かと言って、カンカン照りにもならずで、絶妙のコンデションに恵まれました。フラフラにならずにすんで、ありがたかったです。

夜は地元に戻って、滋野学区をダッシュ。「公明党はまじめやから信頼できます」と激励していただきました。現場を歩いて実感するのは「政策実現の党・公明党」への京都活性化への期待でした。

この感激を胸に、京都中をダッシュしてまいります。