吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

政経セミナー

2009.07.29 (Wed)
7月29日は、早朝からJR二条駅前で約10名の若者たちと一緒に街頭宣伝。さわやかにあいさつしながらビラを配りました。皆さん笑顔で受け取ってくださり、嬉しかったです。
 
予定よりも早くビラが無くなるという反応の良さに、青年たちと一緒にびっくりしました。やっぱりヒタムキさが一番ですよね。

10時からは市役所で久しぶりの議員団会議。市政のための大切な案件を協議しました。総選挙のさなかではありますが、現場第一主義が大事と改めて実感。

1時には議員団全員で市長室へ。1年がかりでまとめた「景観政策」提言集を門川市長に手渡しました。詳しくは公式HPの市会便りで紹介しますが、「政策の党・公明党の面目躍如ですね」との市長の感想に、支持者の皆さんはきっと喜んでいただけることでしょう。

その後あわただしく下京区のホテルへ移動しました。以前から準備を進めていた政経セミナーの当日なのです。


 
まず3時からは、斎藤環境大臣と財界トップの方々との懇談会。時間オーバーの充実した意見交換が展開された後、6時からの本番には市内から約300名の方々がご参集いただきました。いずれもそうそうたる企業・団体の中心的立場の方々ばかり。誰1人途中退席される方もない、熱気あふれるセミナーとなりました。

お忙しい中を来ていただいた皆さん、ありがとうございました。

終了後に何人かの方に御礼を申し上げたところ、「来て良かったです」「わかりやすくて感動しました」「公明党がますます好きになりました」等々の嬉しい声が。

パワー全開で頑張っていこうと、改めて決意できました。

※ここでまたまた嬉しい報告があります。昨年9月の本会議代表質問で提言した政策が、いよいよ本格的に始動するとの情報が入ってきたのです。詳しくは後日ご報告いたします。お楽しみに!