吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

超さわやか訪問第10弾

2009.07.27 (Mon)
7月27日は室町学区のスペシャル訪問対話運動にダッシュしました。小雨が降るあいにくのスタートでしたが、午後からはかんかん照りの蒸し暑さ。体力の限界ではありますが、充実の対話をさせていただき、嬉しかったです。

一緒に回っていただいた党員さんは、皆さん地域に根付いて信頼度抜群の方々ばかり。まさに歴戦のつわもの。私もこうならなあきませんよね。

お昼に立ち寄った中華料理店には、複数の政党のポスターが貼られていて、公明党のポスターも協力してくださっています。たまたま横に座ったお客さんも交えた和やかな政治談議となりました。

「議員さんと話すなんて初めてですわ」と喜んでいただきながらの笑顔の語らいの結果、「公明党さん頑張って下さいね。期待しています」と言っていただきました。思わずガッツポーズ。

市民相談を寄せていただいた高齢の女性や、地域を地道に歩いていることを評価してくださった方とも、じっくり話をさせていただきました。

時間の合間を縫って地域団体や企業にも訪問。29日開催の公明党政経セミナー正式出席の回答もいただき、大きな前進となりました。目標の1.5倍を達成でき、やれやれです。

それも、公明党への期待と信頼のあらわれ。地域の党員さんや支持者の皆さんのおかげです。感謝の気持ちでいっそうのダッシュを誓いました。

いよいよ炎天下の超さわやか訪問対話運動も、明日が最終日。様々な方々にお目にかかるなかで、京都活性化への貴重なご意見やご提案を頂戴することができました。政策立案に生かしていくよう、頑張ってまいります。