吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

超さわやか訪問第7弾

2009.07.21 (Tue)
7月21日は大雨の中でしたが、スペシャルさわやか訪問対話活動に全力で頑張りました。春日・京極・室町学区の皆さん、ありがとうございました。

早朝は堀川丸太町交差点で街頭市政報告会を敢行。多くの方が車の中やバスから手を振っていただきました。・・・この時までは天気は何とか持っていたんです。

拡声器やのぼりを片付けて、自転車で待ち合わせ場所へ行こうとした途端、土砂降りの雨が降り始めたので、急きょ車に乗り換えて向いました。中止なんて思いもよりません。

午前中の春日学区では、近くのコイン駐車場に停め、地元の方とペアで何軒かのお宅を訪問。福祉・環境問題や経済対策等の対話の花を咲かせました。雨だからこそ在宅だったお宅も多く、かえって良かったなぁと頷き合いました。

春日学区は私の小学校時代の恩師が校長を務めておられたので、その話題で大いに盛り上がったお店もありました。街頭市政報告会の演説をよく聞いて頂いている方もおられ、ちょっぴり照れましたです。はい。

昼休みに市役所の議員団室に書類を取りに行ったところ、先輩議員から「ちょっと痩せたんちゃう?」と嬉しい言葉が。別の方から「焼けてるけど痩せてへんのちゃう?」と言われました。ウエストは引き締まったのですが、体重は変わりませんねん。

さて、午後からは小ぶりになり、傘をささずに回れるようになりました。経済対策や福祉、教育問題などなど、実りある対話を重ねることができ、大変に有意義でした。

ある企業さんでは、「公明党さんも厳しい状況に置かれていますなぁ」と声をかけられましたが、「いえいえ、ブレずに政策を実現してきたので、おかげさまで公明党への評価が上がっていますよ」と答えました。期待していますよと言って下さり、うれしかったです。

途中から車の調子が悪く、ガガガッと異音が鳴るので恐かったのですが、何とか無事に事務所に帰還。誠実な業者さんが時間をこじ開けて来て下さり、迅速な対応をしていただきました。

スピードと的確な動きは、大きな安心感を生むことを学ばせていただきました。政治も頑張らなくっちゃ!