吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

ホットな報告を3つ

2009.06.06 (Sat)
≪つれづれトーク≫

6日付読売新聞に面白い記事が掲載されていました。石原伸晃自民党幹事長代理が、山本一太氏らテレビ番組に出演している議員を集め「特別講座」を開いたというのです。

記事によると、「討論で相手を攻めていない」と苦言を呈された後藤田氏は、逆に首相のマスコミ対応を批判して不満を表明したとのこと。相変わらずゴタゴタしてますなぁ。

私が注目したのはそこではなく、石原氏が「自分が主張すべき場面で公明議員に頼りすぎだ」とビデオを見せながら語ったという場面。

昔は、よくテレビ番組で公明党議員が沈黙して支持者から不評だったのですが、最近は野党の理不尽な挑発に乗らず、理路整然と反撃している場面を見かけます。それを認めた自民党幹部が自党に奮起を促したと大きく報じられているというのですから、時代は大きく変わりましたなぁ。

あと2つ、興味深いエピソードを紹介します。1つは、先日市役所のトイレでばったり居合わせた他党議員から、「あんた地下鉄の駅を現地調査したらしいな。よう勉強してはりますがな」と声をかけられました。ウワサになっているようで、ちょっぴり気恥かしかったです。

もう1つは、ある理事者との懇談の際のこと。政策提言への取材を一通り終えたときに、「公明党の先生方は個性的ですが、共通しているのが皆さん真面目で熱心やということですね」と感想を漏らされたのです。お世辞も含まれているかもしれませんが、他党よりも真面目と評価されていることは喜ばしいですよね。

市民の期待に応え、お役に立っていけるよう、研さんに励み頑張っていこうと決意しています。お気軽にご意見ご要望をお願いします。