吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

未来の京都・街頭演説会

2008.01.25 (Fri)


初天神でにぎわう北野天満宮前で、未来の京都をつくる会主催の街頭演説会を、かどかわ大作さんを上京区に迎え、元気いっぱいに開催しました。

寒風の吹く、あいにくの天気となりましたが、11時と13時の2回ともたくさんの支持者の皆さんが駆けつけ、盛大な拍手を送って下さいました。心より御礼申し上げます。うれしかったなぁ!

街宣車の上に、かどかわ大作さんと上京区選出の4人の与党市会議員が乗って、順番にマイクを握り訴えました。珍しい写真でしょ?

私は、野党の方々がかどかわさんに対して「なれあい」「相乗り」と批判していることに対し「理不尽な言いがかりにすぎません」と一刀両断。京都活性化のために団結して頑張っている未来の京都をつくる会の決意を表明しました。

国政のねじれによる権力闘争を地方に持ち込んではなりません。特に、地方自治体の首長は枠組みありきではなく、どこまでも人物本位でなければならないのではないでしょうか。不平を煽るだけの無責任なやり方がまかり通っては、喫緊の課題である財政再建や公務員綱紀粛正が大きな混乱に陥ってしまいかねないのです。(実際に大阪のある自治体では市民が大変な迷惑を被りました)

途中、吹雪で前が見えないくらいになりましたが、歓声をあげて手を振り拍手して下さる支持者の皆さんに励まされ、ひたむきで誠実な庶民派かどかわ大作さんへのエールを送らせていただきました。かどかわ大作さんは、気さくな笑顔で寒風をものともせずに決意を披歴。素晴らしかったです。

かどかわ大作さんが「もし私が約束を果たせなかったら自ら身を引きます。退路を断って働きます。それくらい真剣なんです」と叫んだ時、全身に電流が走りました。男の覚悟を目の当たりにし、ますますファイトが湧いてきました。やりまっせ~っ!

この日は街頭三昧でした。朝8時から千本丸太町交差点で、まず1回。10時からは恒例の田中たくじ前府会議員との天神さんジョイント街頭で2回目。そして「未来の京都」主催の2回で、計4回も演説したことになります。疲れたけど充実でした!

夕方は府本部に若手議員が集まり会議。明日の京都のための長期ビジョンと喫緊の課題への具体策について、活発な議論を交わしました。オブザーバーとして参加された竹内ゆずる府本部副代表(次期衆院選予定候補)とも意見交換。その切れ味とスケールの大きさに圧倒されました。やっぱり竹内さんは凄いです。

(追伸)
実は、13時の演説会は、野党の方々も同じ場所で予定されており、バッティングしたのですが、話し合いの結果、私たちが先に開催できました。フェアプレイの精神で譲っていただいたことに敬意を表したいと思います。