吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

1月度文教委員会質疑

2008.01.22 (Tue)


1月22日10時より市会第2会議室で文教委員会が開催され、私も日置副委員長(北区)とともに出席しました。

まず、文化市民局については、京都会館の再整備構想を策定するために実施した市民アンケート調査を踏まえての、今後の施策について議論が交わされました。私も挙手して発言。大まかな意識調査で終わらず、施設を利用された市民から具体的な声を受け入れるアンケートボックスのコーナーを常駐させてはどうかと提案しました。「市民参加」の観点からも必要であると思いますので、引き続き求めていきたいです。

次に、教育委員会に対しては、学校給食についてや防犯設備、自立促進支援チームなどについて、自民・共産の委員から質疑がありました。私は、学校で出されるゴミの分別について質問。何人かの市民の方からお聞きした実例をもとに、学校現場で分別がされていないケースがあると指摘しました。環境教育の観点からも大事な問題なので、学校によって意識の格差が無いように早急に指導徹底すべきと求めたところ、うれしいことに理事者からは前向きな答弁がありました。

やっぱり現場の声が大事ですね! 観念でないので説得力が違います。これからも貪欲に地域を歩いて、切実な声を届けていかなあかんと決意しました。頑張ります。