吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

小沢氏秘書逮捕

2009.03.04 (Wed)
≪MyOpinion≫

民主党の小沢代表の公設秘書が逮捕された事件に、日本中が衝撃を受けました。まさに激震が走っていますが、この問題についての私見を述べたいと思います。

我が党の北側幹事長は「小沢氏は説明責任を果たすべきである」と発言しており、私もまったく同感です。「国策捜査だ」とか「陰謀だ」と逆噴射するのではなく、真摯な姿勢で誠実に疑惑に答えるべきではないでしょうか。そうしないと、国民はとうてい納得できません。

報道によると、西松建設は東北地方テコ入れのために小沢代表に接近し、巨額の献金をしたといいます。小沢事務所側から請求書が来たり、献金方法についても詳細な指示があったとか。

しかも、「解散総選挙の前にわざわざ逮捕するのはおかしい」と言いますが、もともと小沢氏周辺には都内の一等地に複数の資産を保有しているとの噂があり、週刊現代との六億円疑惑報道への裁判も敗訴しているのです。検察が慎重に捜査してきた帰結が今回の逮捕であったと受け止めるのが自然ですよね。

今日の夜7時から開催した壮年懇談会では、参加者の方から「矢野元委員長との結託や国替え騒動など、謀略としか言いようのない公明党攻撃を仕掛けてきた連中には、すべてが謀略・陰謀にしか見えないのではないか」との、鋭い指摘がありました。

厳しい経済状況にあるにもかかわらず、党利党略を優先して国の補正予算成立を遅らせ、世界の潮流である給付方式の税額控除である定額給付金に、いかがわしいイメージをなすりつけてきた、政局優先のやり方を変えなかった民主党の責任は、あまりに大きいと言わざるを得ません。

仮定の話で恐縮ですが、もし万が一、昨年の秋の時点で麻生首相が解散を断行して、民主党政権が樹立していたとしたら、年明けのこの時期に「首相秘書」が逮捕されていたことになり、中川昭一氏の失態以上の信頼失墜になっていたことでしょう。

そういう意味では、今にして思えば、あの時に解散していなくて正解だったのではないか、とも言えるのです。策士、策におぼれる――という言葉を思い出しました。

ますます、政治家への不信が深まり、政治が混とんとしています。この1年、国民不在の政局優先のパフォーマンスを繰り返してきた民主党に鉄鎚が下された今こそ、政策優先に転換する絶好のチャンスです。

庶民の目線で政策を推進している“マニフェスト達成No1”公明党が、今まで以上に踏ん張っていく時であると確信し、現場からうねりを起こしていく決意です。

※追記。午前に放映された各局のワイドショーを、少し垣間見ました。あまりに露骨な小沢氏擁護の番組構成に、驚きを通り越して呆れ果ててしまいました。もし与党議員が対象ならば、口をきわめて罵っていたのではないでしょうか。行き過ぎた偏向報道は改めてもらいたいものです。