吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

総合交通戦略シンポジウム

2009.02.28 (Sat)
2月28日午後より地下鉄二条駅すぐの立命館大学朱雀キャンパス大講義室で開催された「歩くまち・京都」総合交通戦略シンポジジウムを聴講しました。


 
さわやかな青空の下を、自転車で会場へ。近くの有料駐輪場に止めたのですが、これが安い! クセになりそうですがな。

京都市消防音楽隊のオープニング演奏、門川市長あいさつに続いて、KBS京都ラジオのパーソナルティとして活躍中の落語家・笑福亭晃瓶さんが「京都のまちを歩く楽しみ」とのテーマで基調講演。楽しいトークで満員(約500名くらい!)の場内を沸かせました。

次に、東京工業大学の藤井聡教授が市民アンケートの結果を報告。クルマ優先社会からの脱却を支持する市民が9割を超えるとのデータに、驚きとともに賛同の拍手が起こりました。歩行者優先の歩くまちのためには、?魅力あるまちづくり ?交通環境の整備 ?市民の意識・ライフスタイルを変革――の3つの指標が論じられ、またまた拍手。

パネルディスカッションでは、来場者参加型の工夫が新鮮でした。手にした「Yes,No」ボードを掲げて意思表明するというものです。コーディネーターから出される質問が穏当なので、少し物足りない部分がありましたが、逆に過激な設問ならば場内が荒れていたかも?(ホンマかいな)参加者を惹きつけるアイデアに心の中で拍手です。

バルセロナ五輪メダリストの奥野史子さんは、「京都に生まれて良かったと言えるように」「京都に住みたいなと思ってもらえるように」との熱い思いで、主婦として母親として、そして女性としての視点で、貴重な意見を述べておられました。ステキでしたよ。

厳しい財政状態の中ですが、京都の使命は大きいと改めて実感できました。活性化に貢献できるよう、研鑽を深めていきたいです。