吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

さわやか訪問300軒突破

2009.02.09 (Mon)
2月2日から9日までの1週間で、約300軒のお宅を訪問し、さわやかな対話の花を咲かせました。快く貴重なお時間を割いて下さった皆さん、ありがとうございました。

25日開催予定の『第2回上京街かどセミナー』のチラシや吉田たかお通信を片手に、縁(えにし)ある方々を訪ねてご挨拶。膝づめで聞く庶民のナマの声は、掛け値なしに切実です。

今年になってから実感するのは、耳当たりの良いパフォーマンスで不平不満を煽り立てる野党に対し「信用できない」とのご意見が多くなっているということです。政局に翻弄される与野党の醜態と比べて、公明党がまったくブレていない事実に気づき始めて下さっているようです。

TVの論調に影響されている方に対しては、誠実に丁寧に「公明党が利権やしがらみと無縁であり世襲議員や派閥も無い」という事実を語ると、「もっと上手に宣伝していかなアカンやん!」と逆に励まされることもしばしば。

あるお宅では、政治資金の透明化を推進し領収書1円以上を実現したこと、長期的視野で子育て支援を充実強化してきたこと、薬害肝炎の患者さんや難病患者の皆さんの声をコツコツと届けてきた実績を紹介。笑顔で「今こそ公明党に頑張ってもらいたい」と言って下さいました。

12日から本格的に始まる議会を前に、現場感覚を研ぎ澄ませて研鑽することができ、本当に良かったです。21年度予算を審議する真剣勝負です。頑張りまっせぇ~っ!

この1週間はホンマにハードでした。市政関連の資料を調査するだけでなく、市会図書館で借りた道州制や地域ブランドについての書籍を読破。『オバマの真実』という本も衝動的に購入して、かじり読みもしていますねん。

で、本当に申し訳ないことに、この間に参加させていただい動物愛護団体主催のセミナーや府本部主催の議員研修会、京都府医師会賀詞交歓会などの行事についての活動報告はアップできないままでした。ごめんなさい。

慌ただしい日々でしたが、何と46歳にして花粉症にも罹ってしまいました。エライことです・・・・。この件については、日を改めて詳しく述べたいと思っています。