吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

お初天神にて街頭

2009.01.25 (Sun)
1月25日午後1時から、お初天神で賑わう北野天満宮前で、毎月恒例の天神さん街頭を敢行。前府会議員の田中たくじさんとジョイントで、寒さを吹き飛ばして頑張りました。

カゼっ気を押して、スケジュールを詰め込んで奔走していたので、少し体調が心配だったのですが、カーデガンとベストと例のジャンパーを着こんでのまん丸のムクムク状態。これで防寒はばっちりです。

マイクを握りながら、地域の安心安全のために奔走している活動の模様と、携帯電話リサイクルや妊婦健診14回拡充などの、最新の成果を声を弾ませて報告。

国政では野党が自語相違の無責任な駆け引きを展開して、補正予算成立に抵抗していますが、その実態をくわしく紹介し、庶民の側に立って経済危機克服に戦っている公明党の姿勢を訴えました。

太田代表が発表した「グリーン産業革命」構想は、オバマ新大統領の「グレーン・ニューディール」とも呼応する、ダイナミックかつ先進的なプランです。疲弊しつつある日本が再生し、再び世界に貢献するための不可欠な視点ではないでしょうか。

「空虚なパフォーマンスが横行する中で、責任ある与党・公明党は具体的な施策を誠実に提案しているのです」と叫ぶと、何人かの方々が笑顔で手を振っていただきました。

治りかけのカゼがぶり返してはいけませんので、大事をとって午後からの予定をキャンセル。事務所で企画書や予定表づくりなどの作業に没頭しました。おかげで、2月末までの上京支部の活動がスッキリと明確になりました。ケガの功名ってやつですね。

ご心配をおかけし恐縮の限りですが、無理することなく、心身を充実させて価値的に活動し、着実な前進を積み重ねてまいります。