吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

出水学区防災訓練

2008.12.07 (Sun)
12月7日早朝より二条城北小学校で開催された出水学区防災訓練に、家族で参加しました。寒かったですが、貴重な経験をさせていただきました。 
 


9時に大地震が発生したとの想定で、町内の方々と一緒にぞろぞろと学校へ。体育館には400名を超える方々が集まってこられ、行政の区長や消防署長も、防災意識の向上に驚きの声をあげておられました。 

体育館に座ってビデオを視聴したのですが、被災して避難してきたような錯覚を覚えたほど、リアルな感覚にとらわれました。そう、何時になるかはわからないとはいえ、地震は必ずやってくるのですから。

その後、グランドに移動して、バケツリレーや消化器訓練、三角布やAED講習などを受講。煙の中を潜り抜ける訓練には、年長の末娘が泣きだして大変でした。

でも、消防士のお兄さんにホースを持たせてもらったり、豚汁を食べた時はすっかりご機嫌さん。ちゃっかりしたもんです。 
 

 
充実の防災訓練の後は、地域をさわやか訪問しました。ついでに散髪もしてスッキリ。夜には、上京支部の皆さんんと今後の活動を綿密に協議し、充実の1日が終わりました。

明日からは議会の後半戦。常任委員会に付託された様々の議案も本格審議となります。張り詰めた緊張感にシビれますが、やりがいがあります。プラス思考で頑張りまっせ~っ!