吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

4日連続で大阪・兵庫遠征

2008.10.27 (Mon)
10月24日から27日まで、4日連続で大阪と兵庫に遠征を敢行しました。くたくたですが、充実感でいっぱいです。

それぞれの訪問に、テーマを明確に決めて活動しました。24日は2年前まで勤務していた会社や、その時期にお世話になった取引先数社に、IT産業の現状と未来について、中小企業融資等の経済対策について、率直な意見を取材。

25日は、待賢幼稚園の式典から帰ったその足で、尼崎市の旧取引先を訪れ、経済振興策について意見聴取すると同時に、最近のテーマでもある公園整備の実態を調査。ビックリしたのは、大阪や京都と違って尼崎にはコイン駐車場が少ないのです。地元の人はどうしたはんのかなぁ・・・・・?

26日は大阪の子育て支援取材で、堺市と松原市を訪れました。以前に大阪在住の若い夫婦の方々から取材した話とも総合すると、おおむねですが、住環境や交通アクセスには満足度が高いですが、防犯・防災に不安を感じている方が多いとのことです。京都はどうなのかな?

27日は、午前中は竹内副代表と区内の企業数軒を訪問した後、4日間の総仕上げとして大阪へ遠征。7社を訪問して経済対策についての反応を取材すると同時に、ピックアップした市内の各スポットの公園を実地調査。

経済振興・中小企業支援・IT推進・子育て支援・公園整備の5点については、実りある研鑽ができました。もっと深めていかなあきません。

この4日間で、多くの旧知の方々との再会を果たしました。皆さんに共通した反応が2つあります。

1つは、公明党の緊急経済対策については、大いに期待しておられるということです。マスコミ等でバラマキと悪口を言われていますが、社会の荒波にもまれ、シビアな現実と格闘しておられる経営者の皆さんは、緊急事態への具体的対策を歓迎しておられるのだと、実感することができました。

もう1つは、例外なく私の今の職業にビックリしておられたということです。そら、そうですわな・・・・・。「もっと早く言ってくれたら良かったのに」とおっしゃる方もおられ、恐縮しきりでした。

明日からは議会の準備も始まりますが、現場第一で走り回った経験を生かして頑張ってまいります。