吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

地元敬老会&青年街宣

2008.09.21 (Sun)
9月21日は、朝から雨が降って心配されましたが、午後から二条城北小学校で開催された地元・出水学区敬老会は満員の盛況でした。雨もやんで本当によかったです。


 
特に議員は招待しないとの方針とのことでしたので、私は入り口付近で来場される皆さんをお出迎えさせていただいていましたが、関係者の方々のご配慮で場内に入れていただきました。恐縮ですが、ありがたかったです。

和やかな雰囲気でしたが、二条北小の金管マーティングバンドの演奏や、2年生の踊りが披露されると、手拍子が鳴って盛り上がりました。

私の次女も大事なパートを任せていただいているようで、小さな体で精いっぱいフリューゲンルンホルンを吹いていました。あんな小さかった娘が・・・・と、人並みに感動しました。

夕方は、公明党女子青年局の企画した街頭演説会に参加させていただき、青年議員のはしくれとして私も市政の実績を報告しました。若者の味方・公明党の政策に反響があると心から実感。

ちょうど演説会の時間だけが雨がやんで、終わった途端に降り出したので、思わずびっくり!

青年世代向けのおしゃれなパンフも好評でした。女子党員の皆さんの奮闘に胸が熱くなった吉田たかおです。

夜は、吉田事務所で男子青年局の精鋭と、若い世代の政治意識や重要な政策について懇談を重ねました。いやぁ~、公明党の“男”たちも熱いです。頼もしい限りで嬉しい~っ!!