吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

源氏物語私論

2008.09.21 (Sun)
旧HP:MyOpinion 2007年10月20日記

 10月20日、乾隆学区の党員さんが地元の総会に招待して下さり、「源氏物語の魅力」とのテーマで“ミニ講演”をさせていただきました。また、学校裏サイト等の教育問題に積極的に取り組んでいることも紹介。実りある語らいとなりました。

 お話をうかがった時は「そんな柄でないので・・・」とお断りしたのですが、日ごろお世話になっている先輩方からの是非にとのお誘いを断り切れず、汗をかきかきの登壇となりました。司会から「吉田議員は大学で芸術を学び、現在は文教委員として活躍中です」と紹介され、顔が真っ赤に。帰ろうかと思いましたが、5月の本会議代表質問で「源氏物語千年紀」を取り上げた自分が逃げ出すわけにはいきません。根性でどうにか踏ん張り、必死で勉強した自分なりの「発見」を語らせていただきました。

 発見と言っても大層なものではありませんが、参加者の方からも「意外なところもあって面白かったです」との声も頂戴したので、僭越かとは思いますが下記に紹介させていただきます。

1.エリートやインテリほど源氏物語を余り読んでいないのは、「皇室の不倫」が描かれていて違和感があるからではないか。身分や血筋の束縛を超えて、芸術の本質を重視する人ほど源氏の魅力に取りつかれている。(海外の外交官やジャーナリストも愛読しているくらい)

2.主人公は光源氏ではなく、彼を取り巻く個性あふれる魅力的な女性一人ひとりである。政略結婚の犠牲になりがちな女性の心の叫びを代弁し、苦悩を乗り越えた生き様を描いたのが源氏物語であると言える。

3.権力に媚びない「人間本位」の思想が奥底に流れている。光源氏を身分の低い后の子に設定したこと。藤原氏出身としか思えない弘徽殿の女御を敵役に設定したこと。美貌に恵まれ光源氏の寵愛を一身に受ける紫の上が必ずしも幸福ではないとの人物造形がされていること・・・

4.仏教を肯定的に描いている。不義の子を産み、後見人を失って苦悩にあえぐ藤壺の女御が、出家してから見違えるように力強く生き抜くこと。自殺を図った浮舟が仏教に巡り合って生きることを選択する場面をクライマックスにしたこと・・・。


 終了後に語らった女性党員さんたちは、例外なく「あさきゆめみし」(大和和紀:1979年―1993年)という漫画で源氏物語に親しんでおられたようです。漫画の影響力って凄いですね。また、子育て世代のお母さんや孫がいる年代の方々からも、「ネットいじめ」に強い関心を示されました。情報モラル教育のいっそうの充実と大人社会への啓発に力を入れていかなければならないと実感しました。頑張りまっせ〜っ!!