吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

CAPプログラムについて

2008.09.21 (Sun)
旧HP:MyOpinion 2007年2月6日記

 児童虐待やいじめ、連れ回しや殺人事件など、子どもの安全が脅かされている今、「CAP」プログラムが注目を集めています。

 CAP(Child Assault Prevention)は、子どもが自らの身を守るための暴力防止プログラムで、欧米では早くから導入されているのですが、残念ながら日本での普及は進んでいません。

 公明党は、以前から心ある方々と提携して、積極的に取り組んできました。2002年から議会質問で取り上げたり予算要望をしてきた福島県郡山市では、このほど小中学校の教職員を対象に「CAPプログラム研修会」を開催し、子どもが自分自身をいじめなどの暴力から守るための具体的な振る舞いなどの講習が実施されました。(公明新聞2月5日付に掲載)

 このプログラムについては、公明党京都府本部が1月に発表した「京都改革マニフェスト」でも、積極的な普及・推進を明記しています。生命の尊厳と人権の尊重を根底とした私たちの主張は、「児童虐待防止24時間対応施策」「地域傾聴運動の本格的推進」「犯罪被害者支援条例制定」等々、多角的かつ具体的に展開しており、多くの方々から熱いご期待を頂戴しています。

 3人の女の子の父親である私自身、真剣に研鑽し全力で取り組んでいく決意です。皆さん、一緒に頑張りましょう!