吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

未来の部活動についての一提案(後編)

2024.05.13 (Mon)
【2つの具体的提案】
 1つは「長期リーグ戦方式」である。野球やサッカーなどの球技において、夏季大会や秋季大会を一発勝負のトーナメントではなく、W杯アジア予選のような「1次予選」や「2次予選」を長期にわたってリーグで戦ってはどうだろうか。

 例えば、京都市でいえば洛中圏(上京・中京・下京区と南区)と洛北圏(北区と左京区)と洛東圏(山科と東山区)と洛西圏(右京・西京区)及び伏見区の5圏に分け、各圏で数Gに分けてリーグ戦を行なう。1G4チームなら最低でも3試合できる。2次リーグ(チーム数によっては3次)を勝ち抜くと各圏代表の最終予選を行ない、これはトーナメントでも良しとする(サッカー予選も同じなので)。

 そこで面白そうなのは、社会人野球の都市対抗で導入されている「選手補強」という制度ではないだろうか。2次予選や最終予選に勝ち上がったチームに、敗退したチームの有望選手、たとえばピッチャーやGKなどを加入させて試合に臨むのである。この補強制度は、サッカーでも戦後間もない時期に都市対抗の全国大会で当たり前のように実施されており、「全京都」とか「全大阪」というネーミングになり、それが「全日本」すなわち日本代表チームを編成して対外試合の代表選手を選抜していったのである。高校は良いが中学は難しいとか、補強は何人まで認めるかなど、細かなルールは詰めていかなければならないが、一考の余地はあると考える。

 もう1つは「合同チーム制」である。これは、球技や格闘技に限らず、採点競技やタイム競技などほとんどの競技で、選手や指導者の減少に苦しんでおり、「〇〇中学」や「△△高校」という単独チームでは先が見えないことを直視して、思い切って地域で合同チームを編成するのである。

 種目によって違うだろうが、例えば中京区で5チーム、右京区で8チーム、伏見区で12チームを編成(奇しくも議員数と同じである)することで、各チームで複数のコーチが指導や強化の方針を協議し、選手選考や起用などもサポートし合うことができるし、選手同士のトラブル対応などに対しても、1人で全責任を抱え込むことなく、複眼的に指導育成することができる。昨今の大きな課題である「負担軽減」「働き方改革」につながるのではないだろうか。

 この合同チーム制は、さきほどの「選手補強」でも言及したが、地元地域のライバル同士が競い合い励まし合って、良い意味の切磋琢磨する中で、他者をリスペクトする協調性も育んでいけるであろう。同時に、地域で合同チームを編成することは、地域ぐるみのスポーツ振興の協力体制や地元に住む多世代の市民(元選手や大学生、OB・OGなど)からのサポートなどについても、無理なく自然な在り方で「地域移行」していくのではないかと思う。

 検討会でも意見が出されていたが、教員から「地域のおっちゃん」に全面的に、そして拙速に移行することは、様々な問題点が噴出すると懸念されるし、教員が部活に携わりたいと思っている割合が少なくないとの調査結果もあるのであれば、私は「地域移行」の漸進的なアプローチの一環として、「合同チーム制」を検討する意義があると提案したい。

【文化系部活の提案】
 吹奏楽や合唱、演劇など文化系の部活動は、コンクールや発表会、学校行事や地域行事への参画などがある。これらはいずれも、生徒たちにとってかけがえのない「学びの場」であり、スポーツ系の部活に勝るとも劣らない意義があることは言うまでもない。同時に、所属部員の減少や指導者の負担という問題についても、同じく深刻な課題を抱えている。

 私はここでも、「合同制」を提唱したいが、少しニュアンスが違う。地域ごとにブロックを割って、複数校でチームを編成してコンクールに挑む、というやり方は同じだが、それだけでなく、校内で複数の部が合同で発表することも1つではないか。私のアイデアは、文化祭などで「ミュージカル」を上演するというもので、吹奏楽と合唱部が音楽を担当し、脚本を文芸部、設営を美術部、演技と演出を演劇部が担当することで「総合芸術」を、部の垣根を越えて作り上げていくことが出来るのである。是非チャレンジしてほしい。かけがえのない経験となるし、保護者や地域の方々が喜ぶのではないだろうか。
 
 さて、私の娘は3人とも、中学の部活は吹奏楽部であったが、そのうち2人が塔南高校(現・開建高校)に進学し、コンクールで何度も全国大会に出場するなど、貴重な青春の1頁を刻んだ。この高校の吹奏楽部は、以前から他とは違うユニークなスタイルをとっており、手前味噌かもしれないが、私は「未来の吹奏楽活動の在り方」を先取りしていると思っている。何かというと、高校生は平日夕方に練習するが、土日にはOB・OGの学生や社会人が「一般メンバー」として加わり、コンクールの練習を重ねるのである。コンクール以外にも、他団体とのジョイントコンサートや全校生徒や保護者らを招いた発表会に加え、南区の地域行事などで演奏したり、野球部の応援のブラバンとして友情出場もしている。

 「一般メンバー」は高校時代に基礎ができているので、土日や本番前の期間でも十分であり、高校生は平日に連日練習するため上達が早く、多世代の融合で良い化学反応を示すと思う。それだけでなく、「愛校意識」は共通なので、目標に向けて心を合わせ団結する、かけがえのない経験を積むことが出来るのである。この「塔南(開建)方式」は、他の多くの団体にとって参考になると思う。検討する価値があると申し上げたい。

【さいごに】
 以上、様々に提案させて頂いた。僭越ではあることは言うまでもないし、その通りに実施することを求めるつもりは元よりない。京都市が抱える様々な課題に取り組む、多くの方々と心を合わせ、微力ながらも貢献したいとの思いで綴らせて頂いた。

 検討会の当日に、勢いのままに書いたものであるので、立論や文章に齟齬が多いかと思うが、熱意の表れと寛恕して下さればありがたい。(おわり)