吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

地域の安全対策が大きく前進!

2016.03.30 (Wed)
28年度予算案を審査する議会で、市役所の缶詰めの日々でしたが、その合い間を縫って市民相談を積極的にお受けしました。嬉しいことに、地域の安全対策が次々と実現しています。

実績:石田大山交差点通学路

石田大山交差点から南側は道が極端に狭くなってしまい、登下校する小学生が大変に危険な状態でした。何度も現地調査を重ね、市会まちづくり委員会で議論を重ねた結果、このほど白線にデコボコ突起を施す工事が実施されました。路側帯の中に車が進入する危険が低くなったと喜ばれています。

実績:新六地蔵橋鉄柵

外環の六地蔵奈良町から観月橋に向かう際に山科川を渡る「新六地蔵橋」では、その前後の歩道にガードレールがあるのに、橋にはありませんでした。歩行者の安全を守ってほしいとの声を届け、このほど両側に鉄柵が設置されました。安全性が飛躍的に高まったと喜ばれています!

実績:石田団地前カーブミラー

石田東団地から奈良街道に出る際に、安全を確認するために設置されているカーブミラーですが、何らかの理由で曲がってしまい危険な状況にありました。行政に市民の声を届けたところ、その日のうちに修復されました!

実績:桃山東小通学路安全対策

桃山東小学校は通学路が急な坂道のため、転倒する危険が大きいと指摘されてきました。このほど正門前の路側帯内の塗装を塗り替えて、安全性を高めることができました。来年度も残りの部分を対応するよう求めていきたいと思います。

実績:外環西尾防草シート

最後は、昨年度に応急措置が取られた箇所の抜本的な対策が実現した報告です。外環と新小栗栖街道の交差点(餃子の王将がある信号)では、信号待ちの空きエリアに雑草が生い茂り、車からも歩行者からも見えにくいので事故の危険が高いと心配されていました。このほど、雑草の高さを抑制する「防草シート」を設置することになり、危険度が大きく軽減されました!

これからも、地域の安心安全のため、草の根ネットワークでコツコツと頑張ってまいります。お気軽に声をおかけください。!(^^)!