吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

防災危機管理におもう

2014.08.26 (Tue)
8月10日の台風や16日未明の集中豪雨の被害に遭われた方、避難中の方々に、心よりお見舞い申し上げます。(広島、北海道そして京都でも亡くなった方がおられます。心よりご冥福を祈ります)

この8月に2週連続で京都を襲った災害についてレポートし、所感を述べさせていただきたいと思います。

140810鴨川 140816天神川

10日の京都は前日から強い風が吹くなか、明け方の前から強い雨が降ったため、午後から予定されていた公明党京都府本部議員研修は中止になりました。私も地元にはりつき、車で区内をパトロールしましたが、鴨川や天神川の水位も昨年の大型台風のような危険な段階ではありませんでした。

140810バス停

川端通りのバス停はあえて上陸前の段階で倒してありました。妥当な危険予防策と思います。

その後、雨は強さを増し、京北地域では避難勧告が出ました。近年の台風は今までの常識では通用しないところがあります。市内部であっても、油断なく警戒が必要なことに変わりないと考えていた矢先、週末の16日に、集中豪雨が被害をもたらしました。

140810マンホール

その日は、昼前ころからバケツをひっくりかえしたような猛烈な雨が降り、稲光の閃光とともに雷が鳴り響きました。11時20分には大雨洪水警報が発令。車で近辺を回りましたが、二条中付近の美福通りではマンホールから水が吹き出していました。鴨川の水位は先週ほどではなかったように見えました。

その後、小降りになったので、爽やか訪問大作戦を敢行。たくさんのお宅を訪れたのですがお留守はわずか3軒という、驚異の在宅率でした。「雨の中ご苦労様!」とねぎらって頂き、疲れも吹き飛びました。

雨を衝いて果敢に飛び出した爽やか訪問大作戦ですが、周辺の状況も確認できたので、中止にしなくて良かったです。もちろん車の速度は最低限におとし、安全運転を心がけたことは言うまでもありません。

夕方、四条堀川の北行きで、道路が隆起している現場に遭遇。危険を考慮し写真は撮影しませんでしたが、よく交通事故が起きなかったものだと冷や汗をかくほどの大きな割れ目でした。その後も何人かの方から各地の道路隆起情報がもたらされました。よほどの原因があるのではないでしょうか。災害対策本部に聞くと堀川通りや西大路通り、葛野大路通りなど6か所で発生していたのです。これは看過できません。早急な原因究明と抜本的対策の実行が必要と痛感します。

事務所に戻り、情報収集に努めました。防災対策本部や区役所、各地の支援者の方々や同僚議員などとの電話連携の傍ら、インターネットできめ細かい収集を粘り強く続けたのです。

しかし、残念なことがありました。京都市防災ポータルサイトが全く更新されていなかったのです。YahooやNHKをはじめ各種メディアが刻々と情報を発信するなか、最も身近な自治体の専用サイトが詳細の発信を期待されているにもかかわらず、週明けの18日になってもサイトの画面は15日でストップしたまま。

昨年の台風時にアクセスが集中してつながらなかった教訓を踏まえ、多額の予算を付けて改善したのは良いが、肝心の情報が提供されなければまったく意味がありません。つながり易くなっただけに、情報が同じなままであることが多くの人に知られてしまうという、何とも皮肉な結果になってしまい、歯がゆく思ったのです。

140818委員会質疑

そこで、私は18日の経済総務委員会の一般質問で「防災危機管理」を取り上げ、「集中豪雨時に発生した道路隆起の原因究明と再発防止策」を強く求めるとともに、「防災ポータルサイトに情報が更新されなかった反省を踏まえた改善策」を提起しました。理事者から真摯に反省し改善に努めるとの答弁がありましたので、見守っていきたいと思っています。

私自身、情報収集と発信の重要性を、今回の経験を通して改めて痛感しました。ネットでの発信については、速報性に優れたSNS(ツイッターやFB)をフル活用して、刻々と移り変わる事態を取材し迅速に情報提供するとともに、公式HPやブログでは腰を落ち着けて読んでいただけるレポートを掲載することが良いのではないかと思っています。

これから、本格的な台風シーズンです。気を引き締めて安心安全の為に貢献していく決意です!