吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

政策提言『京都市における「ふん害」対策の提案』を市長に提出!

2014.07.11 (Fri)
7月11日午後、私・吉田たかおは門川市長を訪れ、政策提言『京都市における「ふん害」対策の提案』を提出しました。市民から寄せられた切実な声を受け止め、2年越しで聞き取り調査や現地調査を重ねて創りあげた提言です。

140711政策提言提出

また、京都市会海外行政調査団の一員として昨年に、ドイツ・フランス・イギリスの動物愛護政策と「ふん害」対策を実地視察した際に書き溜めたメモをまとめた『2013海外行政調査レポート』も提出。

140711市長と意見交換

市長は、画期的な政策提言であると評価するとともに、京都市の施策に生かして迅速に具体化するとの決意を表明。あわせて、保健福祉局と建設局の理事者を交え、京都市活性化への様々な振興策について活発に意見を交換しました。

140711政策提言の表紙

政務活動費(旧・政務調査費)がクローズアップされ、議員の政策立案などの活動が注目を集めています。私たち公明党京都市会議員団は、会派として年1回のペースで政策提言に挑戦し続けているだけでなく、各議員も個人で定めた政策テーマを研究して独自の政策提言をとりまとめています。

本年2月には会派政策提言「未来の価値を生み出すワーク・ライフ・バランス」を門川市長に提出しました。過去3年間は、「再生エネルギー」「スポーツ施策」「消費者施策」をテーマとして研究し大きな成果を挙げてきました。

個人でも大道議員(南区)が「音楽振興政策」、津田議員(伏見区)が「若者雇用政策」をテーマとした政策提言を世に問われるなど、積極的に活躍されています。私自身も、2年前に提出した「自転車走行環境」に関する政策提言が、思いがけず弁護士会の自転車部会の目に留まって、勉強会の講師に招へいして頂くという光栄に浴しました。

これからも、京都市活性化に貢献できるよう、研さんに励んで頑張ってまいります!