吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

子ども・子育て会議を傍聴

2014.07.04 (Fri)
7月4日午後3時から中京区役所4階会議室で開催された「京都市子ども・子育て会議」の第2回ひとり親家庭部会を傍聴しました。

140704子育て会議傍聴

委員は佛教大学の西岡教授と市民公募委員の女性。特別委員は、公益財団法人京都市男女共同参画推進協会、京都母子生活支援施設協議会、社会福祉法人京都市社会福祉協議会、一般財団法人京都市母子寡婦福祉連合会、京都労働局の代表5名です。

子ども子育て会議のうち「ひとり親家庭」の支援について、特化して話し合う画期的な場です。私自身、議会の場で何度もひとり親家庭の支援を訴えてきた1人として、重大な関心をもって参加しました。(傍聴なので発言はできません。当たり前ですが)

京都市保健福祉局から、ひとり親家庭の実情についてきめ細かく調査報告があり、そこから導き出される課題が提示されました。

①土日の保育所など、実態に即した子育て支援サービスの充実。
②子どものしつけ・教育に悩みを持つ親へのサポート。
③持ち家率の低い母子家庭へ公営住宅への優先入居の促進。

次に就労支援について課題が報告されました。

①ひとり親になってから就労するケースが多い。
②非正規社員から正社員への就労支援が重要。資格取得へもきめ細かな支援が必要。
③仕事と育児の両立できる生活環境への支援が求められている。

これらに対して、委員から活発な意見が交換され、2時間があっという間に過ぎていきました。主な意見を列記します。

・子どもの進学への支援が大事。
・ひとり親家庭が「育児が楽しい」と感じていける環境整備が重要。
・就労支援の「ミスマッチ」が多い。、相談窓口を知らない人がまだまだ多い。
・父が思春期の娘へのかかわりに戸惑うケースなど、悩みを共有できる場が重要。
・ファミリーサポート事業や日常生活支援事業などを利用する人が少ないのは周知不足である。

私が痛感したのは、ここで話し合われた重要な課題は、きわめて深刻であるにもかかわらず、多くの耳目を集めることがない「マイノリティ」であるということです。つまり世間の関心があまりにも薄く、俗な言い方を許されるなら「他人事」のような課題にすぎないのです。本当に嘆かわしいです。

実際、この会議の傍聴者は私1人。記者席はあるものの誰も来ていませんでした。社会全体の「無関心」という大きなカベを、どう打ち破っていくか、真剣に考えていかなければならないと心の底から思いました。

議員として活動していく責任は、ますます大きいと実感します。ただ口先で行政にはっぱをかけるだけでいいのか? 市民と行政をつなぐ立場の重みをかみしめ、具体的に着実に行動し、1人2人と膝づめで忌憚なく語りぬき、意識変革の波を起こしていくしかありません。

気を引き締めてダッシュしていかなければならない、そう改めて決意を固めた日となりました。頑張ります!