吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

2013年の10大ニュース

2013.12.31 (Tue)
もうすぐ、激動の2013年が暮れようとしています。

今年は、皆さんにとってどんな年でしたでしょうか?

この年末の10大ニュースも今年で4回目、恒例となりました。公明党結党50周年の2014年を展望しつつ、今年を総括したいと思います。

1.交通安全基本条例を議員提案

・・・・5月議会で、自民党・民主都みらいと共同提案した議員提案政策条例「京都市交通安全基本条例」が全会一致で可決成立しました。公明党が中心となって1年越しで、まさに一から創りあげた議員立法。私は三派の調整会議に会派を代表して地道に誠実に頑張りました。各局の理事者と条文の細部を練り上げましたので、大変に勉強になりました。クリエイティブな議会への大きなステップとなったと確信しています。

2.空き家対策条例が制定

・・・・2013年も、議会質問で提案した政策が次々と実現しました。地域をコツコツと歩いて庶民の生の声を真っ正面から受け止める姿勢が大事と痛感。特に、11月議会で成立した「京都市空き家の利用、適正管理に関する条例」は、私が22年11月議会代表質問で初めて提案したもので、3年越しの地道な議論の積み重ねが実りました。議員冥利に尽きますね!

3.海外視察
・・・・7月28日から8月5日まで、京都市会・海外行政視察団の一員として、ヨーロッパの動物愛護施策を現地調査しました。ベルリン・ボン・パリ・ロンドンを駆け足で回る強行軍。列車の中で夕飯を食べる日が続き、体力的には大変でしたが、実り大きい研鑽が出来ました。ハード面及びソフト面の2回に分けて具体的な政策提言も取りまとめ、京都市の施策にも貢献できたと確信しています。また自由時間や移動時間には、自転車レーンも独自調査したことも報告させていただきます。

4.市民相談4,000件突破

・・・・2013年秋、初当選以来6年半。市民相談が4,000件を突破しました。地域に根を張ってコツコツと歩いてきた積み重ねです。これも、多くの市民の皆さんにご信頼とご期待を頂いた賜物と、感謝の気持ちでいっぱいです。ご恩返しできるよう、誠実に謙虚に研さんに励んでまいります。でも、今年の夏は暑かったですねぇ~っ! 区内の協力者さんのお宅を地図を片手にほぼ一巡しましたが、なかなかダイエットには至りませんでした。不思議です。

5.参院選大勝利

・・・・7月の猛暑まっ盛りに敢行された参議院選挙。党員・支持者の皆様のご奮闘により、公明党は目標議席を突破する大勝利を勝ち取ることができました。不健全な党利党略が跋扈するねじれが克服され、「決められない政治」が続いた政治を転換することができたのです。待ったなしの経済活性化を目指し、弱者切り捨てを許さない公明党の活躍が期待されていると痛感します。私も街宣責任者として奮闘。不眠不休が報われました。

6.議会改革に先駆

・・・・京都市会改革推進委員会の一員として、議会改革の諸課題を徹底的に議論した1年でした。3人の大学教授をお招きして意見交換したり、会津若松市をはじめ議会改革の先進自治体を訪問したり。会派の枠を超えてエキサイティングで有意義な議論を交わしたことは画期的だと思います。現在、議会基本条例の骨子もまとまっている状況です。また、丹波橋の呉竹市民ホールで開催された議会基本条例報告会ではパネラーとして、参加者の方々からのご質問に答弁。貴重な経験が出来ました。

7.SNSを本格的に開始しました

・・・・参院選挙が終わり、自分の選挙まで少し時間があるということで、お盆休み前後の時間を利用してSNSにチャレンジ。知り合いのプロの方にマンツーマンの研修をお願いし、フェイスブックとツイッターを正式に開始したのです。未熟なヨチヨチ歩きではありますが、まあまあ順調に活用できています。新しい事にチャレンジするのは大変ですが、達成感は半端ないと実感できました。

8.歯を抜きました

・・・・以下はプライベートに関することです。1月に右奥歯が痛み、歯科に通院を始めました。なかなか完治せず、お医者さんも首をかしげるばかり。ついに夏、抜歯する決断をしました。歯の根っこが膿んで腐っていた原因は、歯を食いしばりすぎて「ヒビ割れ」し、菌が入り込んだからと判明。抜いた時には真っ二つに割れていました。今は「入れ歯」をはめたり外したり。なかなか慣れませんが、歯を大事にしなアカンと自分に言い聞かせています。

9.あまちゃんとはらちゃん

・・・・2013年の私は、50年生きてきて初めて「TVドラマ」にハマりました。1月~3月に放映された「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ)は、長瀬智也がマンガから現実世界に飛び出すというファンタジー。DVDやシナリオ本も購入する程のはまりようです。4月~9月までは「あまちゃん」(NHK)に首ったけ。あまロスはまだ完治できていません。2つとも「~ちゃん」がつく共通点がありますが、もう1つは深くて未来を展望する内容だと言うこと。良い経験が出来ました。

10.鬼のかく乱で寝込みました

・・・・当選以来約7年。頑健な体に生んでくれた両親に感謝しつつ、猛スピードでダッシュし続けました。睡眠時間もなんのその。休みもほとんど取らない無茶苦茶なスケジュールが当たり前な日々でした。しかし、51歳のおっさんの体力は確実に衰えていました。12月にひいた風邪がなかなか治らず、結局4日間も寝込んだのです。体調管理の重要性を心の底から痛感しました。自分1人の体ではなく、上京区の皆さんにお応えするために自分がいるのだと、認識を改めていこうと思っています。

以上です。来年はもっと激動の年になりそうな予感。わくわくします。頑張ります。なお、ご参考までに下記に昨年までの10大ニュースを掲載します。


2012年10大ニュース
・50歳になりました!
・衆議院議員選挙で公明党が大躍進
・京都市長選挙で門川大作氏が2期目の当選
・2つ目のオリジナル条例「京都市ひとり親家庭支援センター条例」成立
・議会質問が次々と実現
・政策提言「京都市まちなか自転車走行環境提案書」を提出
・上京街かどセミナーを2回開催し大成功
・東京で開催の自転車まちづくりフォーラムで講演
・自転車活用研究会、宅建協会、成逸女性会などで講演
・右ひざを痛めました

2011年10大ニュース
・4月10日の市会議員選挙に2期目の当選
・交通水道消防委員会の委員長に就任
・市会改革推進委員会に選任されるも、少数会派の影響により辞任
・宮城県に2度出張し、被災地の現状を目の当たりに
・7月24日開催の上京街かどセミナーに226名の参加で大成功
・地域科学研究会主催のセミナーに講師として2度の講演
・不動産政治連盟勉強会や朱雀ライオンズクラブで講演
・10を超える他都市からの行政視察を受け入れ
・自転車安心安全条例の書籍を出版
・母が心臓弁膜症の移植手術

2010年10大ニュース

・自転車安心安全条例が可決
・子宮頸ワクチン・ヒブワクチン等の公費助成が正式決定
・議会で主張した「駅ナカビジネス」が大きく前進
・議会で主張した「パークアンドライド」「レアメタル回収」がいっそう充実
・議会で提言した「3人乗り自転車レンタル」「婚活」等の施策が実現
・総点検本部運動で、介護総点検・子育て総点検・商店街総点検を実施
・五大都市政策研究会で京都市を代表し、「自殺対策の成果と課題」をプレゼン
・上京街かどセミナーが大成功
・知事選、参院選で奮闘
・過労で少し体調を崩しました(口唇ヘルペス、帯状発疹、結膜炎など)