吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

8月度公明党上京支部会

2013.08.28 (Wed)
8月28日夜7時より、西陣織会館で8月度定例の党支部会を開催しました。



月末にもかかわらず多くの党員さんがご参集くださいました。心より御礼申し上げます!

上京支部の党員さんは、本当に思いの熱い方々ばかりで、支部長の私が言うのもヘンですが誇らしいです。

恒例の青年局研究発表は、濱田男子青年委員が8月にちなんで「戦争と平和」を熱く論じました。頼もしいですぅ~!

西川女性委員が、地域に根を張った活動を発表した後、中立地区の新城さんが活動報告。入院手術を克服して選挙戦に活躍した体験は満場の感動を呼びました。

続いて私が支部長挨拶。上半期の議会活動を、できたてホヤホヤの「吉田たかお通信24号(2013夏号)」をとおして発表しました。

交通安全基本条例の議員提案、議会基本条例説明会での奮闘、海外行政視察などの研さんに加え、地域の要望にお応えしたいくつかの実績を紹介したのです。

また、京都府本部の夏季議員研修に山口代表が出席された模様を詳細に報告。参院選挙の勝利で「黄金の3年」と言われていますが、黄金になるか否かが今のこの時にかかっており、政策の優先順位を間違えずに勇気を奮い起こして前進することが大事との指針をお伝えしました。

党員の中核である参加者1人1人が、公明党の役割の重要性を、改めて噛みしめることが出来ました。勇躍のスタートです。

各地区責任者さんが笑顔で「吉田通信」を持って帰ってくださいました。各地での草の根の対話活動のお役に立てると思うと、制作中の苦労も吹き飛びます。

終了後は、主要幹部で打合せ。下半期の重要な活動について意見を戦わせました。価値を創造していこうとの思いを共有しているので、具体的な案件が次々と決まっていきます。魂の入ったものとなるよう、精査していこうと思います。

50年前に示された「団結第一」「大衆とともに」「たゆまぬ研鑽」の基本精神を再確認し、力を合わせて頑張っていこうと決意した1日でした。