吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

大阪住まい情報センター視察

2008.07.18 (Fri)
研究会2日めは、大阪市内を視察。ホテルからバスで天神橋筋六丁目の大阪市立住まい情報センターに向かいました。

途中の歩道で有料駐輪場発見! 京都市や他都市の議員がいっせいに写真を撮っていたのが印象的。私もその1人です。



大阪市立住まい情報センターに入り、局長ほか理事者の方々から説明をお聞きした後、館内を見学。
 
分譲や賃貸の住まいに関する全ての情報が集約され、様々な相談も受付けているとのこと。

リフォームや耐震診断の相談や新婚家庭家賃補助のブースもありました。さすが公明党の強い大阪です。10数年前の公明党挙げての実績が今も形骸化することなく、しっかりと機能しています。素晴らしい!

また、老朽住宅建て替え支援や賃貸住宅立ち退き問題についても多くの相談があるとのこと。理事者の方に聞くと、土日も開館しているので、たくさんの市民が来られているとのことです。いいですなぁ~!



大阪市立住まい情報センターの8Fから10Fまでは、庶民のまち大阪の歴史を斬新な感覚で展示している大阪くらしの今昔館です。 

江戸時代の町並みを再現したセットでは、ボランティアの方々がわかりやすく説明をしていただきました。

天保年間時代の長屋や商人屋敷が材質にもこだわって蘇っています。どぶや雪隠(トイレ)も精巧に再現。感動しました。写真ではなかなか分かりにくくいと思います。関心ある方はぜひ訪れて下さい。


 
私が大阪に住んでいた10年間(18~28歳)の後半の時代にお世話になった辻義隆さんが、同じ公明党の大阪市会議員(東住吉区選出)として活躍中でして、今回の行事で感動の再会を果たしました。

「10数年ぶりでんなぁ!」と肩を叩きながらパチリ。左側のお茶目なお兄さんが辻さんです。その横で私は、若さに任せて過激な日々を送っていた青春の思い出がオーバーラップしたためか、柄にもなくハニかんで映ってます。  


  
その後、7Fに移動し大阪市立子育ていろいろ相談センターを見学しました。 

ここでも、子育てに関する全ての情報や相談対応が集約。住まいと子育てについての相談や情報が一点集中されているということは、市民の使い勝手という一点で、学ばなければならない観点と思います。