吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

少年補導懇談会で学ぶ

2013.06.18 (Tue)
6月18日夜7時30分より、二条城北小学校会議室で出水学区の少年補導懇談会が開かれ、少年補導のスタッフ及び保護者の1人として傍聴しました。

二条城北小学校、二条中学、朱雀高校、上京警察署の担当者を迎え、出水学区の各種団体で活躍する方々が意見交換。

スマホなどの技術革新が著しいケータイ問題や地域で子どもたちの育む協力体制について熱い議論が交わされ、本当に勉強になりました。

今後の数年で、ケータイは今以上に浸透し、ほとんどの子どもが活用するのは当たり前になってくるとのこと。単なる規制で縛るのでは限界で、適切な情報モラル教育を進化させていくことが大事だということです。

私は一切発言せずに、場内の空気を吸い、生の意見に耳を傾けることに集中。地域ぐるみの温かな見守り体制を充実することもさることながら、何よりも保護者の意識を変革し、向上するための啓発施策が鍵を握ると実感しました。

終了後は、地域の皆さんと一緒に片付け作業で汗を流し、何人かのお父さんたちと立ち話。井戸端会議のおっさん版です。実りある会話を経験でき、良かったです。

地域に根を張った草の根ネットワークで、コツコツと貢献していくことが、自らの使命だと決意を新たにした1日でした。

※画像が無くてスイマセン!!