吉田たかおのよしだッシュブログ

京都市会議員 (公明党)・吉田孝雄が日々感じたことを綴ります。

炎天下のさわやか訪問

2013.06.13 (Thu)
6月13日は京都市で35.9度を記録する猛暑日となりましたが、翔鸞学区をさわやか訪問で奮闘しました。

お昼は、日ごろ公明党を温かく励まして頂いている方々のお宅にご挨拶。

「選挙は少し先の時期ですが、選挙の時にしか来ないようではあきませんので、今日はご挨拶に来ました」と申し上げると、「暑い中を御苦労さま」と笑顔でねぎらって下さいました。

ある方は、「弱者切り捨ての政治にならないように、公明党に期待しています」と激励。「憲法改正にのめりこんでいる安部首相に、経済をもっと頑張るように檄を飛ばして下さい」というリクエストも頂戴しました。

また、福祉問題や地域の課題などの身近な相談も寄せて頂きました。まさに「出張市民相談」ですね!

何度も水分補給しましたが、まったく足りません。約50軒のお宅への訪問が終わった時は、汗でずくずくになっていました。根性で予定をクリアし、思わずガッツポーズです。

夕方にシャワーを浴びてリフレッシュしてからは、夜の部に突入。心身ともにグレードアップした“さわやか”訪問です。

党員の責任者の方と一緒に、夜にしか会えない方を回ったのですが、「今帰ってきたばかりですわ」というジャストタイミングの奇跡的な出会いもあって、大いに盛り上がりました。

京都市政への貴重なご意見や、長年のお困りごとの相談なども頂戴でき、実り多い1日となり、充実感でいっぱいです。

ただ、ガクッと疲れが迫ってきます。数年前まではもっと激しく活動してたのですが、やっぱし年には勝てないのですかねぇ・・・・。

身体をうまくメンテナンスしつつ、着実に誠実に活動を進めていくことが大事だと、改めて痛感した猛暑日でした。